エンバカデロ、ER/Studio XE6日本語版を販売開始

ビッグデータサポート、ツールの64-bit化による大規模モデル情報のサポートなど、巨大化する企業データベースシステムの設計、管理を支援

2015年4月2日
エンバカデロ・テクノロジーズ

エンバカデロ・テクノロジーズ(日本法人:東京都文京区、日本法人代表:藤井 等、以下エンバカデロ)は本日、データモデリングツールの最新バージョン「ER/Studio XE6(イーアールスタジオ・エックスイーシックス)日本語版」の販売を開始したことを発表しました。新バージョンでは、Hadoop Hive、MongoDBといったビッグデータプラットフォームをサポートしたほか、ツールを64-bit化することで大規模モデル情報の編集が効率化されるなど、巨大化する企業データベースシステムの設計、最適化、ドキュメント化のサポートが強化されています。さらに、新たにEnterprise Team Editionが製品ラインナップに加わり、複数のプロジェクトでデータモデルやメタデータの共有、再利用を推進可能になりました。

企業が抱えるデータは、その量も種類も劇的に増加しており、これらのデータの一貫性を保持し、企業全体で有効に活用できるようにすることは、データベース技術者にとって極めて重要な課題となっています。特に、近年のビッグデータの活用やクラウドサービスの利用に伴い、様々な形式の膨大なデータが企業内にあふれ、その管理を困難にしています。ER/Studioは、主要なエンタープライズデータベース、ビッグデータプラットフォームなどからデータ構造を自動的に抽出し可視化します。これらの情報は、特定のデータベースの物理設計に依存しない論理モデルとして保持できるので、複数データベースにわたった共通化、標準化の強制が可能になります。

ER/Studio XE6で新たに加わったEnterprise Team Editionは、Model Repositoryを通じてデータアーキテクト、データベース技術者、ソフトウェア開発者、ビジネスユーザーなど、組織内の幅広いユーザー間で、データモデルやメタデータ、関連するビジネス用語の共有を可能にするコラボレーションインフラを提供します。これにより、組織内の複数のプロジェクトで共通のデータモデルを用い、データの一貫性を保持し、標準化を推進できます。

ER/Studio XE6の新機能ハイライト

ER/Studio XE6の主な新機能は以下のとおりです。

  • 64-bitメモリモデルをサポート:ER/Studioは、ネイティブ64-bitアプリケーションとして動作するようになりました。これにより、広大な64-bitメモリ空間を利用した大規模データモデルの設計が可能になります。
  • ビッグデータプラットフォームのサポート:Hadoop HiveおよびMongoDBからのリバースエンジニアリングを新たにサポート。ER/Studioの強力なモデリング環境で、ビッグデータプラットフォームのデータ構造を可視化、編集できます。
  • Team Serverによるコラボレーションのサポート:Enterprise Team Editionに搭載されたTeam Serverを用いて、データモデル、メタデータ、関連するビジネス用語などを共有可能。Webベースのユーザーインターフェイスでこれらの情報を閲覧し、コミュニケーションが可能なほか、ER/Studioから直接リポジトリに登録されたモデル情報にチェックインして表示、編集することもできます。
  • docwikiベースのヘルプシステム:オンラインヘルプシステムdocwiki(http://docwiki.embarcadero.com)で、製品ドキュメントの提供を開始。頻繁なドキュメント更新と、英語版とのリリースタイムラグの解消が可能になります。

ER/Studio XE6の製品ラインナップ

ER/Studio XE6は、利用形態、目的別に3つのエディションが用意されています。いずれのエディションについても、主要なエンタープライズデータベースのひとつを利用できる単一プラットフォーム版と、サポートするすべてのデータベースを利用できるマルチプラットフォーム版を選択できます。

  • ER/Studio Data Architect:主要なデータベースのリバース/フォワードエンジニアリングが可能。データモデル設計のフル機能を搭載したスタンドアロンモデル
  • ER/Studio Data Architect Professional:Data Architectのすべての機能に加え、ER/Studioユーザー間でモデル情報を共有できるModel Repository for ER/Studioを利用可能
  • ER/Studio Enterprise Team Edition:データモデル設計に加え、ソフトウェアモデリング、ビジネスモデルもサポートし、コラボレーション機能を利用可能

ER/Studioの詳細は、http://www.embarcadero.com/jp/products/er-studio をご覧ください。

ER/Studio XE6の出荷時期と価格

ER/Studio XE6は、本日より販売開始し、2015年4月21日より出荷開始する予定です。主な製品価格は、ER/Studio Data Architectが220,000円~、ER/Studio Data Architect Professionalが542,000円~、ER/Studio Enterprise Team Editionが930,000円~になります(いずれも税別、別途メンテナンスサポートの加入が必要)。

ER/Studio XE6は、エンバカデロ・テクノロジーズまたはER/Studio販売代理店の日揮情報システム株式会社からお求めいただけます。

以上

エンバカデロ・テクノロジーズについて

エンバカデロ・テクノロジーズは、1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」との合併によって、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーとなりました。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のコミュニティが、エンバカデロのDelphi®、C++Builder®といったCodeGear™製品やER/Studio®、DBArtisan®、Rapid SQL®をはじめとするDatabaseGear™製品を採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。エンバカデロ・テクノロジーズは、サンフランシスコに本社を置き、世界各国に支社を展開しています。詳細は、www.embarcadero.com/jp をご覧ください。

Embarcadero、Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。