RAD Studio 10.3.3リリース!詳細はこちら

InterBase 2020リリース!詳細はこちら

お得なキャンペーン情報はこちら

Renew your Update Subscription license now 詳細はこちら

InterBase 2020の新機能

InterBaseは、管理者不要、軽量、ハイパフォーマンスの強力なデータベースエンジンです。データベースサーバーとしてはもちろん、組み込みデータベースとしてモバイルデバイスでも使用できます。InterBase 2020には、複数のデータストレージオプションによるサーバー上でのパフォーマンス改善に役立つテーブル領域サポートをはじめ、数々の新機能が追加されています。最新バージョンのサポートプラットフォームについては、こちらをご確認ください。


データベーステーブル領域

テーブル領域サポートは、InterBase 2020の重要な新機能です。

テーブル領域を用いれば、ハードウェアの使用をよりよいバランスで最適化し、パフォーマンスを改善することができます。テーブル領域により、特定の論理ファイルのコレクションにおけるストレージ位置を指定するデータベースオブジェクト定義が可能になりました。これにより、ディスク技術の有効活用ができるようになり、例えば、より高速なSSDと大容量HDDを組み合わせるような構成が可能になります。これは、すべてのデータベースが同じストレージにマップされなければならなかった2020以前のバージョンのInterBaseとの大きな違いです。データベース管理者は、テーブル領域の機能を活用して、データベースの実行時パフォーマンスの最適化が可能です。

InterBase 2020の新機能詳細をDocwikiで見る>

Database Tablespace

新しいOSプラットフォームのサポート

InterBase 2020では、OSプラットフォームサポートを拡張しました。組み込み用InterBase(IBLIteおよびIBToGo)では、新たにAndroid 64-bitとmacOS 64-bitをサポート。これにより、RAD Studio開発者は、Google PlayストアとmacOSアプリストアの双方をターゲットとした64-bit DelphiアプリケーションにInterBaseを利用できるようになります。InterBase 2020 IBLite / IBToGoは、Windows、macOS、Linux、Android、iOSをサポートしています。InterBase 2020 Server Editionは、Windowsプラットフォームに対応しているほか、macOSおよびLinuxプラットフォームサポートも予定しています。

InterBase 2020の新機能詳細をDocwikiで見る>

New OS platforms support

パフォーマンスモニタリングの強化

InterBase 2020のインデックス使用状況のパフォーマンスモニタリング機能を用いれば、データベース内でのインデックスの使用状況の統計が可能となり、さまざまなクエリーでどのようにインデックスが使われているか(最適化、ソートなど)を理解できます。これは、テーブル、ストアドプロシージャ、トリガー、アタッチメント、トランザクションなど他のさまざまなモニタリング統計を拡張するものです。

InterBase 2020の新機能詳細をDocwikiで見る>

Enhanced Performance Monitoring

データディクショナリDDL

データベースツールは、ユーザーのデータベーススキーマのドキュメントに適用できる説明を記述できる標準のDDL構文を活用することができます。

新しいALTER DESCRIPTION構文を用いれば、エンティティ定義の一部に埋め込むことなく、任意のデータベースエンティティ(テーブル、インデックス、ストアドプロシージャ、ジェネレータなど)に対して、このような説明を標準の(かつ独立した)方法で記述することが可能になりました。

InterBase 2020の新機能詳細をDocwikiで見る>

Data Dictionary DDL

SQLの最適化

インデックスベースでの検索が可能なように、演算子と不等式演算子を反対表現へと変換します。as、>、>=などの不等式演算子は、変換、最適化されます。例えば、”NOT A>0”は、”A <=0”に変換されるようになりました。

InterBase 2020の新機能詳細をDocwikiで見る>

SQL Optimizations

その他の新機能

セキュリティの強化 - OpenSSLのアップグレード

InterBase 2020では、すべてのプラットフォームでOpenSSL 1.0.2を用いており、OpenSSLプロジェクトの最近の脆弱性修正が反映されています。


IBConsoleの改善

InterBase 2020では、Windows向けのIBConsoleのGUIを改善しましたIBConsoleでは、テーブル領域やデータディクショナリの修正など最新機能をサポートするとともに、特許技術「変更ビュー」のサポート強化なども含まれています。InterBase 64-bit版では、64-bitネイティブのIBConsoleアプリケーションを提供するようになり、より大規模なデータセットをクエリーウィンドウで扱えるようになりました。

InterBase 2020の新機能詳細をDocwikiで見る>

Security Enhancements - OpenSSL upgrade


旧バージョン情報