er_studio

データモデリング ソリューション

データ定義の重要性

多様なアプリケーションが連携する昨今の情報システム。異なるシステムのデータが相互に連携することで、活きたデータとなります。そこで重要となるのが、データの一貫性。従来は閉じたシステムの中だけで考えればよかったデータ定義が、企業全体、企業間にわたって整合性を保たなければならなくなっています。

既存のアプリケーションの改修でも新規開発でも、そしてシステム連携においても、確実なデータモデリングがシステムを流れるデータの健全性を維持します。

ER/Studioとは

ER/Studioは多様なデータベースに対応した実績あるデータモデリングツールです。データ設計を効率化し、メタデータコラボレーションの実現により、企業のデータアーキテクチャの一貫性を保持します。

%7b095a47bf 7abf 4554 8482 F17fdb74337c%7d Er Model Icon

活きた設計情報を作成、管理

ER/Studioは単なるモデル図作成ツールではありません。モデルは実データベースの構造とリンクし、変化するデータ構造を確実にキャプチャ。陳腐化する設計図によって、作業効率や品質の低下に悩まされている方は、新規開発、既存システムの改修のいずれでも即効果が得られます。
%7b1579a333 23ae 4520 Aae9 506a9f8e0004%7d Er Reverse Icon

既存のデータ構造をすばやく掌握

強力なリバースエンジニアリング機能により、既存のデータベースの設計情報を読み取り、物理モデルと論理モデルを生成。データ構造をすばやく把握し、改善が可能です。既存アプリケーションの移行プロジェクトでも威力を発揮します。
%7b8423e980 9a5b 4252 A7c2 Ce45606ebab2%7d Er Std Icon

データ構造の標準化を推進

名前標準のテンプレートを適用することで、モデルの一貫性を保持。論理レイヤーと物理レイヤーを分離することで、複数データベースに渡って、一貫したデータ構造を保持できます。複数システムの連携、クラウドサービスの統合などのシーンでも有効に機能します。
%7b17ab7011 B90f 4184 A655 3af4f5fcf6ba%7d Er Meta Icon

コラボレーションモデリングを実現 *1

リポジトリの利用により、チームで共通のモデルを編集、更新可能。サブモデル機能により、大規模なデータモデルをセクションごとに分割して管理することもできます。
%7bb792b3e8 945a 4751 9ded B6e7e7c2617d%7d 05 Team Icon

ビジネスユーザーとのコラボレーションもサポート *2

ビジネス用語とメタデータの関連をトレースできるグロッサリ機能により、データに関係するビジネスユーザーとのコラボレーションもサポート。Webベースのインターフェイスからこれらの情報にアクセスできます。

*1 ER/Studio Data Architect Professional以上の機能です。
*2 ER/Studio Enterprise Team Editionの機能です。
各エディションで利用できる機能については、製品エディションページをご確認ください。

関連ドキュメント

Mastering Data Modeling Jp

あるシステムでは「社員」として定義されているエンティティが、別のシステムでは「顧客」でもある。このような不整合が、複数システムを横断してデータを扱うときに「一意性」を損なう恐れがあります。組織全体を俯瞰するマスターデータを管理するためには、どのようなデータモデリングのアプローチが必要か?その手法を原因の考察とともに解説します。

製品: ER/Studio

%7bffe818a2 F4af 464a 8d3e 7a400f8ef860%7d Er White Paper

本稿では、特に忘れがちなデータの一貫性と継続性の保持のために、既存アプリケーション改修/移行プロジェクトでどのような対応をすればよいのかについて解説します。

製品: Delphi、C++Builder、RAD Studio、ER/Studio

%7b6821dbf2 Bf48 4044 8bd2 0a49f856816a%7d Data Modeling Report

企業が信頼性の高いデータを保持/利用していくための組織上の課題や技術的な課題は何なのか。これらの課題に対してデータモデリングはどのような効果を与えるのかを、調査結果を元に解説しています。

製品: Delphi、C++Builder、RAD Studio、ER/Studio

%7b93a4dc42 Be27 498a B807 F6a209a3dddb%7d Changing Data Culture Jp

データ分析のための質の良い情報はいかにして収集し、管理していくのか?データ分析の前に、必ず知っておかなければならないこととは?そのヒントとなる「データへの意識改革」とその「実現方法」を詳しく解説します。

製品: ER/Studio