株式会社シリアルゲームズ、東京ゲームショウ2015に「RAD Studio 10 Seattle」で開発したショーケースアプリを出展

各デバイスの特性を活かしたAndroid / iOS向けアプリを単一コードから短期間で効率的に開発

2015年9月16日
エンバカデロ・テクノロジーズ

エンバカデロ・テクノロジーズ(日本法人:東京都文京区、日本法人代表:藤井 等、以下エンバカデロ)は本日、 株式会社シリアルゲームズ(本社:東京都台東区/代表取締役:吉澤 匡、以下 シリアルゲームズ)が、9月17日から幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2015(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)」ビジネスソリューションコーナーにて、9月17日、18日のビジネスデイの二日間、RAD Studio 10 Seattleを利用したショーケースアプリを出展することを発表しました。「RAD Studio 10 Seattle(ラッドスタジオ・テン・シアトル)」は、2015年9月1日にエンバカデロが販売開始したビジュアル開発ツールで、Windows 10、Android、iOS、OS X向けのアプリケーションを単一コードから構築することができます。

シリアルゲームズは、コンピュータソフトウエアおよびハードウエアの企画、設計、開発、販売を手がけており、企業向けシステムやゲームアプリの開発を数多く手がけています。近年では、スマートフォン、タブレットの普及により、マルチデバイス対応が欠かせなくなり、さまざまな開発言語、ツールを利用して対応してきました。その中で、RAD Studioのマルチデバイス対応は、各デバイスの特性を活かした開発ができること、ネイティブコンパイラによる性能を発揮できること、コンポーネントによる高い生産性が得られることにより、高く評価されていました。

今回、シリアルゲームズでは、東京ゲームショウ2015への出展に向け、AndroidとiOSの双方で動作するデバイス機能を活用したショーケースアプリの開発にあたり、RAD Studio 10 Seattleを採用し、2つのアプリをAndroid向けにリリースすることに成功しました(iOS向けも近日リリース予定)。同社では、今後の開発においても、RAD Studio 10 Seattleを積極的に採用し、Windows 10、Android、iOS、OS X向けアプリケーションを構築してく計画です。

東京ゲームショウ2015の詳細は http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2015/ をご覧ください。

「弊社は現在、サーバ開発を含めたゲームコンテンツ制作を始め、プロモーション向けアプリやデジタルサイネージコンテンツ、ツールやユーティリティアプリ等のアプリケーション開発をしております。当然、コンテンツ制作のクオリティUPや開発速度向上、マルチデバイス対応は必須であり、その過程で以前よりRAD Studioのコンテンツ開発に着目、早期研究に努めて参りました。今回のアプリは、実用向けのアプリとしてRAD Studioの特性を活かしたコンテンツの制作を目的としており、今回ゲームショウの出展については、弊社のドメインの一つであるゲームサーバ開発のアピールと同時に、技術的なアピールコンテンツとして、上記二点の出展を予定しております。是非一度ご覧ください。」

株式会社シリアルゲームズ
取締役 細川 淳

以上

株式会社シリアルゲームズについて

私たちシリアルゲームズは、「人と人とのコミュニケーションから生まれる楽しさの提供」の実現を目指し、2000年2月に設立。エンターテインメントコンテンツの現場においてゲーム開発にとどまらず、WEBサービスをはじめ様々なプラットフォーム上で稼働するシステムやアプリケーションソリューションの企画/設計/開発に携わり、この10数年走り続けてきました。

サーバ開発・運用、幅広い展開を想定したビジネスファンクション構築に強みを持つだけでなく、マルチプラットフォームに対応するクライアントアプリケーション開発体制のチーム展開により、皆様のビジネスをワンストップでサポートさせていただいております。

私たちのキャッチフレーズである「Happy Creation, Play the Development!」。 モノづくりの楽しさの訴求や追求に勤しみ、たくさんの方々が幸せになれるお手伝いをさせていただけるよう、これからも精進してまいります。

RAD Studio 10 Seattleについて

Embarcadero RAD Studio 10 Seattleは、Windows 10、Mac、モバイル、IoT向け開発に対応したネイティブ開発環境です。多様なシステムやデバイスに接続できるマルチデバイスアプリケーションを構築可能。最新プラットフォームに対応したVCLおよびFMXフレームワークにより、Windows 10、高解像度モニタ、タッチスクリーンのタブレットデバイスなどに対応したアプリケーション開発をサポートします。コンポーネントベースの多様な接続性により、エンタープライズデータベース、クラウド、IoTデバイスなどとつながるアプリケーションを構築できます。

RAD Studio 10 Seattleの詳細は、http://www.embarcadero.com/jp/products/rad-studio をご覧ください。

エンバカデロ・テクノロジーズについて

エンバカデロ・テクノロジーズは、1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」との合併によって、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーとなりました。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のコミュニティが、エンバカデロのDelphi®、C++Builder®といったCodeGear™製品やER/Studio®、DBArtisan®、RapidSQL®をはじめとするDatabaseGear™製品を採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。エンバカデロ・テクノロジーズは、サンフランシスコに本社を置き、世界各国に支社を展開しています。詳細は、www.embarcadero.com/jp をご覧ください。

Embarcadero、Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。