RAD Server

Delphi / C++Builderアプリケーション向けのフルセットバックエンドソリューション

RAD Serverは、サービスベースのアプリケーションを迅速に構築・実装するためのアプリケーション基盤を提供します。RAD Serverには、 Delphi / C++言語によるREST/JSON APIの自動パブリッシング / 管理、 エンタープライズデータベース統合ミドルウェア、IoT向けエッジサービスをはじめ、 ユーザーディレクトリー及び認証サービス、 プッシュ通知、 屋内/屋外位置情報、JSON データストレージといった一連のアプリケーション・サービスが用意されています。RAD Serverの導入により、開発者は、新たにアプリケーション・バックエンドを構築したり、既存のDelphi / C++ クライアントサーバー アプリケーションのビジネスロジックを、オープンかつステートレス、セキュアでスケーラブラルな最新のサービスベースアーキテクチャへと、迅速に移行することができます。開発、実装、運用が容易なRAD Serverは、複数システムへの展開を行うようなソリューションを構築するISVやOEMにとって理想的な選択です。

REST エンドポイント・パブリッシイング

アプリケーションのバックエンドAPI やサービスを構築するために必要な すべての機能を搭載したアプリケーション基盤を提供

統合ミドルウェア

外部のサーバー、アプリケーション、サービスとの接続性を提供するアウト・オブ・ボックスソリューションを搭載

アプリケーション・サービス

アプリケーションの能力を高める、すぐに利用可能なビルトインサービスを提供。ユーザー・ディレクトリ・サービス、ユーザー管理、 プッシュ通知、ユーザー位置情報追跡、ビルトイン・データストレージといった中核機能を搭載

多層開発を容易に

Delphi同様の使いやすさを誇る、多層アプリケーション向けバックエンドがついに登場

RAD Serverが登場するまでは、開発者は、 DataSnapといったサーバーツールキットを用いてバックエンドDelphi / C++Builderアプリケーションサーバーをカスタマイズしてきました。しかし、提供される多層開発用の基本的サーバー構成要素は僅かで、実装の大半は開発者に委ねられていました。RAD Serverの導入により、開発者は、Delphi / C++ ビジネスロジックメソッドを RAD Serverにロードし、ユーザーを追加するだけで済むようになりました。これだけの操作でREST/JSONエンドポイントが自動的に作成、管理され、アクセス制御が行われます。データストレージにはビルトインRDBMS、あるいは任意のエンタープライズRDBMSやクラウドサービスを用いることができます。ユーザーの位置トラッキング、通知のプッシュも可能。IoTデバイスとの統合も可能です。RAD Serverはオンプレミス、クラウドのいずれでも展開可能。これまでになくシンプルかつ強力、すぐに使え、かつ柔軟な多層開発環境です。

7

クライアント UXの構築

RAD Studio、Delphi、C++Builderでデスクトップやモバイルプラットフォーム向けに最適化されたUXフォームを素早く構築

6

管理

APIとユーザーを管理し、ビルトインRAD Server アプリケーション管理ポータルを経由して利用状況やAPIアクティビティを分析

5

展開

オンプレミスの自社Windowsサーバー上や、Amazon、 Rackspace、Azure クラウドサービスを利用したクラウドホスティングにRAD Serverを展開可能

1

サーバーAPI エンドポイントの作成

RAD ServerにサーバーサイドのDelphi / C++コードを配置。クライアント用のREST/JSON APIエンドポイントを自動生成

2

統合

RAD Serverとエンタープライズデータベース、クラウドサービス、 IoT デバイスを接続。アプリケーションを容易に拡張

3

アプリケーション・サービスの追加

ユーザー及びAPI アクセス制御ルールを追加可能。ビルトインのセキュアデータストアを用いたデータ永続性を確立

4

ユーザーの追加

RAD ServerポータルまたはLDAPからのインポートにより、ユーザーグループを構成し、ユーザーを追加可能。APIアクセス権限を付与して、各ユーザーグループがアクセスできる機能を制御

REST エンドポイントパブリッシング

簡便な REST API エンドポイントの作成、パブリッシング、管理

RAD Serverの導入により、多層アプリケーションソリューションに適した柔軟なバックエンドサーバーを迅速かつ容易に構築することができます。開発者がサーバーに Delphi / C++ ビジネスロジックをロードするだけで、管理されたREST/JSON API エンドポイントを自動生成。 開発者や管理者は、ユーザーグループに対するAPIレベルアクセス制御を容易に構成し、API、ユーザーまたはサービスレベルでのアプリケーション使用状況を定量的に分析することができます。Delphi / C++によって記述されたAPIは多種多様なREST/JSON エンドポイントとしてパブリッシュされるので、RAD Server は、VCLのデスクトップアプリケーション、FireMonkeyによるデスクトップ、モバイル、ウェアラブルアプリケーション、さらにはJavaScript Web フレームワークまで、事実上あらゆるタイプのクライアントを容易にサポートします。RAD Serverを用いれば、堅牢で多種多様な多層ソリューションを容易に構築、展開することができます。

REST エンドポイントパブリッシング

使いやすいビジネスロジックのAPI パブリッシング機能を提供。どんなDelphi / C++ コードもAPI としてホスト可能で、自動的にパブリッシュされた REST/JSON エンドポイントは RAD Serverによって計測、管理されます。

API 分析

すべてのREST API エンドポイントアクティビティを堅牢な統計・解析用に記録、計測。 ユーザー、 API、サービスレベルのアクティビティを分析し、アプリケーションの使用状況を把握します。

アクセス制御

あらゆるアプリケーションAPIに関わるグループ/ユーザーレベルのアクセスを制御。誰がどの機能にアクセスできるかを制御できます。すべてのアクセスはユーザー認証されます。

デスクトップ、モバイル&Web

RAD Server上にホストされたあらゆるC++/Delphiコードは、REST/JSONエンドポイントとしてパブリッシュ。将来にわたって卓越した柔軟性をあらゆる種類のクライアントに提供します。

統合ミドルウェア

データ、クラウド、スマートデバイスとの高性能統合

RAD Studioに搭載されたハイパフォーマンスな統合機能を用いれば、エンタープライズデータ、クラウドサービス、スマート IoT デバイスと多層アプリケーションを容易に接続できます。Enterprise DACが、Oracle、Microsoft SQL Server、DB2、Sybaseなど主要なエンタープライズデータベースへのハイパフォーマンスアクセスを可能にするコネクションプールを提供。複雑かつ高負荷なRDBMSクライアントドライバーのインストールや設定は不要です。クライアントアプリケーションは、データアクセス、アプリケーションサービス/APIコール時には、軽量のREST経由でRAD Serverに接続します。RAD Serverには、 IoTデバイスとの接続をサポートするThingConnect、エッジウェア機能を提供する ThingPointが搭載されており、アクセス性の低い遠隔地からも、容易に多様なワイヤレスデバイスやセンサーの情報をアプリケーションソリューションへ提供できます。

エンタープライズデータ

主要なエンタープライズ RDBMSとのハイパフォーマンス接続をサポート。多様なデータソースへの共通アクセスと、各データベースに最適化された充実した機能を利用できます。

IoT スマートデバイス

IoT 接続コンポーネントがIoTデバイスとアプリ、バックエンドとの迅速かつ容易な統合を実現。RAD Serverの IoTエッジウェア機能を用いれば、Bluetooth IoTデバイスが実際に所在する場所までカバーします。

クラウドサービス

Google、 Amazon、 Facebook、Kinvey、 Parseといったさまざまなクラウド、ソーシャル、BaaSプラットフォームとRESTクラウドサービスを容易に統合します。

アプリケーション・サービス

主要なビルトインサービスがアプリケーションをパワーアップ

RAD Serverには、サーバーアプリケーションの重要な基盤コンポーネントを構築することなく、アプリケーションバックエンドの能力を高める強力なビルトイン・コアサーバー機能が用意されています。ユーザーディレクトリサービス、認証、アクセス制御、 プッシュ通知、 JSON データストレージ、ユーザー近接検知、屋内/屋外位置追跡及び位置認識サービスなどを利用できます。

プッシュ通知

アプリケーションユーザーに、標準通知やオンデマンド通知を送信します。

ビルトイン・セキュア・データストア

データベースサーバーを別途必要とすることなく、JSONデータを容易かつ安全に保存、検索できます。

ユーザー/グループ管理

RAD Server 管理ポータルを介してユーザー、グループ、アクセス制御を作成、管理します。

ユーザー位置情報/近接検知

屋内と屋外の両方でユーザーの位置を追跡し、特定のゾーンへの入退出、ビーコンポイントへの接近などに対し、コールバックイベントを発生させることができます。

Evaluating RAD Server

TRY RAD SERVER IN RAD STUDIO

A RAD Server 5 user development trial is included with Delphi, C++Builder and RAD Studio 10.1 Berlin. To develop and test REST endpoints, Location Tracking or IoT Edgeware for RAD Server requires an Enterprise or Architect edition of RAD Studio, Delphi or C++Builder 10.1 Berlin. A trial edition of 10.1 Berlin also allows users to evaluate developing services for RAD Server and will include a 5 user RAD Server development trial.

In addition to the RAD Server 5 user development trial, interested customers can also contact sales to request a 60 day extended trial license. See the pricing column below for more information.

RAD Server Pricing

Simple to use. Simple to buy.

RAD Server is the ideal back-end platform for ISVs building re-deployable solutions as well as teams building applications for internal use. RAD Server is licensed and priced affordably and with a no nonsense license. Either purchase the number of end users required for an application, or purchase a single or multi-site license covering unlimited users for an application.

Eval

無料

60-Day Trial

  • Unlimited Users
  • Single Site
  • REST End-Point
  • Publishing
  • 統合ミドルウェア
  • アプリケーション・サービス

By the Device

¥11,000

+ メンテナンス1年
¥4,000

  • Single Client Device
    (Mobile or Desktop)
  • Single/Multi-Site
  • REST エンドポイントパブリッシング
  • 統合ミドルウェア
  • アプリケーション・サービス

Single-Site License

¥535,000

+ メンテナンス1年
¥161,000

  • Unlimited Users
  • Single-Site
  • REST エンドポイントパブリッシング
  • 統合ミドルウェア
  • アプリケーション・サービス
  • Unlimited Users
  • Multiple-Site
  • REST エンドポイントパブリッシング
  • 統合ミドルウェア
  • アプリケーション・サービス

RAD Server requires RAD Studio, C++Builder or Delphi 10.1 Berlin or newer.

Contact Sales