InterBase 2020 Update 4リリース! 詳細はこちら

RAD Studio 11.2 Alexandria リリース 詳細はこちら

Rad Studio 11.2新機能リプレイを見る

Python、C++、VC。新ツール登場!詳細はこちら

製品利用の情報はサポートナレッジベース

Delphi / C++Builder Community Edition 10.4.2

RAD Server

サービスベースのアプリケーションを迅速に構築/配置

Delphi / C++Builder向けWeb APIプラットフォーム

REST_End_Point_Publishing_RAD_Server_Graphic.png

RAD Serverは、サービスベースのアプリケーションを迅速に構築・実装するためのアプリケーション基盤を提供します。RAD Serverを用いれば、REST/JSON(またはXML)を用いたWeb APIを容易に実装可能。APIのパブリッシング、接続するユーザーやデバイスの管理、APIアクセス分析、FireDACによるエンタープライズデータへのアクセスなど、強力な機能を活用できます。RAD Serverでは、ユーザー認証、プッシュ通知、位置情報、データストレージといったサービスも利用できます。

ホワイトペーパー
「企業システムをモバイルに拡張するためのアプリケーションプラットフォーム」


従来の企業システムをモバイル対応させる際に必要となるアプリケーションプラットフォームについて考察し、その解決策のひとつとしてRAD Serverを検討します。 ダウンロード(要登録)

モダナイズ

既存のDelphi / C++クライアントサーバーアプリケーションのビジネスロジックを、セキュアでスケーラブルな最新のサービスベースアーキテクチャに移行可能

REST エンドポイント・パブリッシング

アプリケーションのバックエンドAPI やサービスを構築するために必要なすべての機能を搭載したアプリケーション基盤を提供

統合ミドルウェア

外部のサーバー、アプリケーション、サービスとの接続性を提供するアウト・オブ・ボックスソリューションを搭載

アプリケーションサービス

アプリケーションの能力を高める、すぐに利用可能なビルトインサービスを提供。ユーザー・ディレクトリ・サービス、ユーザー管理、 プッシュ通知、ユーザー位置情報追跡、ビルトイン・データストレージといった中核機能を搭載

Easy-To-Deploy

開発、実装、運用が容易なRAD Serverは、複数システムへの展開を行うようなソリューションを構築するISVやOEMにとって理想的な選択です。

Delphi / C++Builderによる開発をサポート

RAD Serverは、Delphi / C++Builderですぐに使えるソリューションとして用意されています


主な機能



windows
User/Group Access Control for APIs
API
API 分析
Responsive
デスクトップ、モバイル、Webクライアントアプリをサポート
Data
Enterprise RDBMS Server Connectivity
IoT
IoTスマートデバイスへの接続性
Cloud
REST Cloud Services Integration
Push Notification
プッシュ通知
Secure Database
ビルトイン・セキュア・データストア
Location
ユーザー位置情報/近接検知
windows
Windows & Linux Support
Multi-Tenancy
マルチテナントサポート
ActiveDirectory
ActiveDirectoryサポート
ActiveDirectory
Swagger Open APIドキュメント
UI/UX
コード不要のインスタントAPI
Docker
Dockerサポート

A Back-End for Multi-tier Applications as Easy as Delphi

RAD Serverが登場するまでは、開発者は、 DataSnapといったサーバーツールキットを用いてバックエンドDelphi / C++Builderアプリケーションサーバーをカスタマイズしてきました。しかし、提供される多層開発用の基本的サーバー構成要素は僅かで、実装の大半は開発者に委ねられていました。RAD Serverの導入により、開発者は、Delphi / C++ ビジネスロジックメソッドを RAD Serverにロードし、ユーザーを追加するだけで済むようになりました。これだけの操作でREST/JSONエンドポイントが自動的に作成、管理され、アクセス制御が行われます。データストレージにはビルトインRDBMS、あるいは任意のエンタープライズRDBMSやクラウドサービスを用いることができます。ユーザーの位置トラッキング、通知のプッシュも可能。IoTデバイスとの統合も可能です。RAD Serverはオンプレミス、クラウドのいずれでも展開可能。これまでになくシンプルかつ強力、すぐに使え、かつ柔軟な多層開発環境です。

N-Tier Architecture
クライアント UXの構築

RAD Studio、Delphi、C++Builderでデスクトップやモバイルプラットフォーム向けに最適化されたUXフォームを素早く構築

統合

RAD Serverとエンタープライズデータベース、クラウドサービス、 IoT デバイスを接続。アプリケーションを容易に拡張

アプリケーションサービスの追加

ユーザー及びAPI アクセス制御ルールを追加可能。ビルトインのセキュアデータストアを用いたデータ永続性を確立

ユーザーの追加

RAD ServerポータルまたはLDAPからのインポートにより、ユーザーグループを構成し、ユーザーを追加可能。APIアクセス権限を付与して、各ユーザーグループがアクセスできる機能を制御

配置

オンプレミスの自社Windowsサーバー上や、Amazon、 Rackspace、Azure クラウドサービスを利用したクラウドホスティングにRAD Serverを展開可能

Manage

APIとユーザーを管理し、ビルトインRAD Server アプリケーション管理ポータルを経由して利用状況やAPIアクティビティを分析

クライアント UXの構築

RAD Studio、Delphi、C++Builderでデスクトップやモバイルプラットフォーム向けに最適化されたUXフォームを素早く構築

簡便な REST API エンドポイントの作成、パブリッシング、管理

RAD Serverでは、Delphi / C++によるビジネスロジックからREST/JSON APIの自動パブリッシングをサポートしています。Delphi / C++のロジックをREST/JSONエンドポイントとして公開してしまえば、デスクトップ、モバイル、ウェアラブルデバイス、主要なJavaScript Webフレームワークを通じて、これらのAPIを利用できます。

簡便な REST API エンドポイントの作成、パブリッシング、管理
REST エンドポイントパブリッシング

REST/JSON APIベースのエンドポイントを構築しサーバーに配置可能。エンドポイントは、広範なデータベース、クラウドサービス、IoTデバイス、他のテクノロジーとの統合により、容易に拡張できます。

API 分析

すべてのREST API エンドポイントアクティビティを堅牢な統計・解析用に記録、計測。 ユーザー、 API、サービスレベルのアクティビティを分析し、アプリケーションの使用状況を把握します。

アクセス制御

コンソールポータルを用いてユーザーを追加したり、LDAPベースのAPIサービス経由でユーザー認証が可能。APIレベルでグループ/ユーザーへのアクセスを制御できます。

デスクトップ、モバイル&Web

デスクトップ、モバイル、Web、コンソールをはじめ、RAD Studioがサポートするすべてのアプリケーションで、Web APIへのアクセスを実装可能。Sencha Ext JSをはじめとするWebクライアントからのアクセスにも対応しています。

データ、クラウド、スマートデバイスとの高性能統合

RAD Serverには、外部のサーバー、アプリケーション、データベース、スマートデバイス、クラウドサービス、他のプラットフォームと接続できる、すぐに使える複数の統合ミドルウェアが用意されています。

データ、クラウド、スマートデバイスとの高性能統合
エンタープライズデータ

主要なエンタープライズ RDBMSとのハイパフォーマンス接続をサポート。多様なデータソースへの共通アクセスと、各データベースに最適化された充実した機能を利用できます。

IoT スマートデバイス

IoT 接続コンポーネントがIoTデバイスとアプリ、バックエンドとの迅速かつ容易な統合を実現。RAD Serverの IoTエッジウェア機能を用いれば、Bluetooth IoTデバイスが実際に所在する場所までカバーします。

クラウドサービス

Google、 Amazon、 Facebook、Kinvey、 Parseといったさまざまなクラウド、ソーシャル、BaaSプラットフォームとRESTクラウドサービスを容易に統合します。

ビルトインコアサービスによりアプリケーションを強化

ユーザー・ディレクトリ・サービス、認証、アクセス制御、プッシュ通知、JSONデータストレージ、ユーザー位置のトラッキング、ビーコンの近接検知などのコアサービスにより、サーバーアプリケーションの機能をパワーアップできます。

Application Services.png
プッシュ通知

アプリケーションユーザーに、標準通知やオンデマンド通知を送信します。

ビルトイン・セキュア・データストア

データベースサーバーを別途必要とすることなく、JSONデータを容易かつ安全に保存、検索できます。

ユーザー/グループ管理

RAD Server 管理ポータルを介してユーザー、グループ、アクセス制御を作成、管理します。

ユーザー位置情報/近接検知

屋内と屋外の両方でユーザーの位置を追跡し、特定のゾーンへの入退出、ビーコンポイントへの接近などに対し、コールバックイベントを発生させることができます。

RAD Server の評価

RAD Serverをテスト目的で利用できる開発ライセンス(5ユーザーによるアクセスが可能)は、RAD Studio 30日無料トライアル版に含まれています。

RAD ServerのRESTエンドポイント、位置トラッキング、IoTエッジウェア機能を用いて開発、テストするには、RAD Studio、Delphi 、C++Builder 10.1 Berlin以降バージョンのEnterpriseまたはArchitect版以上が必要です。

RAD Studio Delphi C++Builder InterBase RAD Server
評価を依頼する

RAD Studio / Delphi / C++BuilderでRAD Serverを利用しよう

RAD Serverのトライアル版はRAD Studioのトライアル版に含まれます
RAD Server

RAD Studio / Delphi / C++Builder 10.2 Release 2から、EnterpriseおよびArchitect版に、RAD Server の配置ライセンスが含まれるようになりました。開発ツールを購入した企業内で、RAD Serverにより構築されたアプリケーションを稼働させる場合には、これらのライセンスを利用することができます。

  • Enterprise版には、RAD Serverのシングルサイトライセンスが含まれます。
  • RAD Studio / Delphi / C++Builder Architectには、RAD Serverのマルチサイトライセンスが含まれます(バージョン10.2.3から、有効なアップデートサブスクリプションに加入しているArchitect版ユーザーの方も利用可能になりました)。

RESTエンドポイント、位置トラッキング、IoTエッジウェア機能を用いて開発、テストするには、RAD Studio、Delphi、C++Builder 10.1 Berlin以降バージョンのEnterpriseまたはArchitect版以上が必要です。

RAD Server の導入

使いやすい!リーズナブルな価格
RAD Serverによるシステム開発には、RAD Studio、Delphi、C++BuilderのEnterpriseまたはArchitect版が必要です

RAD Server向けの開発を自社システム向けに構築する場合には、Enterprise版以上に含まれるRAD Serverライセンスをご利用ください。
他のお客様向けにRAD Serverを使用したシステムを構築する場合は、RAD Serverライセンスを別途購入する形態が適切な場合があります。
詳細はお問い合わせください。


購入方法 RAD Server Lite 単一サイトライセンス 複数サイトライセンス
サイトごとのユーザー数無制限
スループットに制限あり
単一サイト
単一または複数サイト
RESTエンドポイント パブリッシング
統合ミドルウェア
アプリケーションサービス
お問い合わせ