C++Builder

C++Builderは、多様なプラットフォーム向けのアプリケーションを高速に開発できる最新のC++統合開発環境です。Clangベースのコンパイラを搭載。最新のC++標準を用いて、効率的な開発が可能です。主要なデータベースへのアクセス、REST API、クラウド、IoTなど多様な接続性をサポート。デバイスを制御するアプリケーションからエンタープライズクラスのシステムまで、幅広い需要に対応します。

C++Builderでは、ビジュアル操作による生産性とC/C++のパワーを両立し、Windows、Mac、iOS、Android向けの開発を効率化。真のネイティブクロス開発を実現したC++Builderを用いれば、アプリケーションパフォーマンスを犠牲にすることなく、単一コードからマルチプラットフォームサポートが可能になります。 C++開発の基礎を学ぶ1週間。強力な統合開発環境とマルチデバイス対応のコンポーネントフレームワーク「FireMonkey」を用いたプログラミングレッスンです。

ClangベースのC++コンパイラを搭載

C++Builderには、Windows(32-bitおよび64-bit)、iOS、Android向けのClangベースのコンパイラが搭載されています。単一のコンパイラを用いて、複数プラットフォーム向けに高速かつ堅牢なアプリケーションの開発が可能です。C++11標準に加え、プロパティやARC(Automatic Reference Counting)など先進の言語拡張も利用可能。旧来のC++言語との互換コンパイラも搭載するとともにC++11をフルサポート。C++17サポートやLinuxサポートも予定しています。

他のC++ IDEを使用されている方は、ぜひC++Builderをお試しください。クロスプラットフォームサポート、ビジュアル開発など、先進のC++環境に驚きを隠せないでしょう。他の言語を使用されている方も、C++のパワーと強力なフレームワークの組み合わせにより、容易にC++開発に取り組めると感じることでしょう。

C++Builderの最新C++言語機能サポートの詳細

クロスプラットフォーム

単一のコンパイラ、単一のUIフレームワーク(ネイティブコントロールを使っていても単一!)、単一のIDE、単一のライブラリとフレームワーク で4つのプラットフォーム向けに開発をサポートします。

各デバイス/プラットフォーム向けに、いくつものUIを作成するのに辟易していませんか? C++Builderなら、マルチデバイスデザイナを用いて、マスターUIを作成したら、各プラットフォーム、デバイス向けに簡単にカスタマイズ可能。例えば、共通のモバイルUIを作成したら、これをiOSやiPad向けに、ネイティブのルック&フィールを実現しながら、すばやく最適化することができます。

FireMonkey UIフレームワーク は、GPUネイティブの強力なマルチプラットフォームUIコンポーネントフレームワークです。ベクターレンダリングのマルチプラットフォームサポートと同時に、WindowsボタンやiOSのテキストボックスなどのネイティブコントロールもサポート。開発者はシームレスにネイティブコントロール機能を利用できます。

データベース、REST、Web、クラウド、IoT、アプリ間の通信もサポート。 プラットフォームやデバイスを超えて利用できます。各プラットフォーム向けに膨大な通信のためのコードを記述したり、プラットフォームごとに異なるライブラリを使用する必要はありません。

マルチデバイス開発の詳細情報

フレームワークとライブラリの詳細情報

アプリケーションテザリングの詳細情報

IDEとデバッガ

ワールドクラスのIDEと統合デバッガ — 長年にわたりC++コンパイラ/統合開発環境を提供してきた実績あるベンダーが提供する強力なIDE:

  • C++コードおよびパラメータの補完
  • 名前変更のリファクタリング
  • 監視式、ローカル変数
  • オブジェクトインスペクタ
  • 条件ブレークポイントとログ
  • 展開/ドリルダウン可能なツールチップ式評価
  • インスペクタ、式評価ウインドウなど、数多くのデバッガ機能を搭載

アセンブリレベルのコーディングを行うパワーユーザーであれば、C++Builderのアセンブリビューが役立ちます。

デスクトップアプリケーションの開発 - 豊富なWindowsコントロールを搭載

MFCによる開発は非効率だし、wxWidgetsは基本的な機能しか用意されていないと感じていませんか?C++Builderに搭載されたVCLは、Windowsネイティブコントロールをラップした強力なコンポーネントフレームワークです。

フルネイティブでオブジェクト指向によって設計されたVCLは、プロパティ、イベント、ビジュアルデザイナによる高速開発を実現。スタイルのサポートにより、Windows 10を含む複数のOSのルック&フィールに容易に適合できます。オブジェクト指向で作られたコンポーネントは、容易に継承でき、独自のカスタムコントロールを作成することも可能です。

スピード開発を実現、広範な開発要求に対応

C++Builderは、科学技術、エンジニアリング、医療、モバイル、エンタープライズ、データベースシステムなど、軽量なデスクトップアプリから大規模な基幹システムに至るまで、多様なソフトウェア開発に利用されています。ネイティブコンパイラと強力なライブラリ/フレームワークの組み合わせにより、Windowsアプリケーション、モバイルアプリ、クロスプラットフォームアプリケーションの構築を迅速かつ効率的に行うことができます。

無料から始めよう

RAD Studioは、IoT開発向けの完全かつ究極のIDEだ。他のどの製品もこれほどの柔軟性、機能性、完全性を備えていない。

Harris Vrahimis Computernetics Corporation

今すぐC++Builderで開発を始めよう!

トライアル版

無料でC++Builderのフル機能を30日間試用可能

ダウンロード >

ダウンロードはこちら

C++Builderを購入

C++Builderを購入してマルチデバイス開発を始めよう!

製品の購入 >

詳細はこちら

RAD Studioを使い始めるための関連情報

今すぐ始めよう >

使ってみよう!>