InterBase 2020 Update 6, released! 詳細はこちら

RAD Studio 12.1 Athens リリース!詳細はこちら

Webinar: What's New in RAD Studio 12.1 Athens リプレイを見る

Python、C++、VC。新ツール登場!詳細はこちら

製品利用の情報はサポートナレッジベース

Delphi / C++Builder Community Edition 10.4.2

RAD Studio Q&A

Windows、Android、iOS、macOS、Linux向け開発で5倍の生産性を実現

RAD Studioは、Windows、macOS、iOS、Android、Linux向け開発に対応したネイティブアプリケーション開発環境です。クラウドサービスや主要なデータベース、広範なIoTデバイスとの接続性を提供。Windowsストアアプリの構築にも対応。最新のWindows 11に対応したモダンなUIを構築できるVCLコントロール、デスクトップおよびモバイル向けクロス開発を可能にするFireMonkeyフレームワークがコンポーネントによるビジュアル開発を実現します。Delphi/C++言語を用いたマルチデバイス開発で、5倍の生産性を発揮します。

RAD Studioは、Delphi、C++Builder、InterBaseなどを搭載したスイート製品です。Enterprise版以上では、RAD Serverも利用できます。詳細は、各製品ページをご確認ください。

RAD Studio最新バージョンの新機能については、こちらのページでご確認ください。

このオープンソースプロジェクトは、http://sourceforge.net/projects/radstudioverins/ です。

ソースコードリポジトリには、SourceForgeのWebサイトにログインして「Code」タブをクリックするか、https://radstudioverins.svn.sourceforge.net/svnroot/radstudioverins/trunk/ にアクセスします。

RAD Studioのライセンスと旧バージョンライセンス取得に関する情報については、旧バージョン情報ページをご覧ください。

製品は、エンバカデロの直販EショップEMBARCADERO DIRECT、ComponentSource、全国の主要量販店、ソフトウェア流通代理店各社からお求めいただけます。詳細は、こちらをご覧ください。

DelphiおよびC++Builderには、趣味や学習、フリーウェアを作成する個人の開発者、スタートアップ企業などが利用できるCommunity Editionを無料で提供しています(利用条件をご確認ください)。

RAD Studioには、Professional、Enterprise、Architectの3つのエディションがあります。各エディションの違い、機能詳細については、RAD Studio製品エディションおよび機能一覧をご覧ください。

Delphi / C++Builder Community Editionには、Professionalとほぼ同等の機能が含まれますが、商用利用に関して制限があります。詳細は、使用条件をご確認ください。

RAD Studioには、複数のライセンスオプションがあります。

  • 指名ユーザーライセンス: 特定の個人に使用権が与えられるライセンス。ソフトウェアは複数のコンピューターにインストールして使用することができますが、同時に使用できるのは1つのみです。指名ユーザーライセンスを、複数のユーザーで共有したり譲渡することはできません。指名ユーザーライセンスを用いるには、EDNのアカウント(Eメールアドレスが必要)を作成する必要があります。
  • ネットワーク指名(Network Named)またはネットワークコンカレント(Network Concurrent)ライセンス: ライセンスサーバー(Embarcadero License Server)によって管理されるライセンス。ネットワーク指名ユーザーライセンスは、組織内のユーザーに割り当てて使用することができます。ネットワークコンカレントライセンスは、購入したライセンス数分の組織内の不特定多数が同時に使用できるライセンスです。いずれのライセンスも、 組織内に構築したライセンスサーバーに接続できるネットワーク環境が必要です。
  • Flexera FlexNetを用いたネットワークライセンスは現在提供しておりません。ネットワークライセンスの管理には、ELCを使用します。
  • アカデミックライセンス - 学生個人の学習向け、アカデミックボリュームライセンス - 学校の教室での授業・トレーニング向け
  • 非商用ライセンス - Delphi Community EditionとC++Builder Community Editionは、趣味や学習、フリーウェアを作成する個人の開発者、スタートアップ企業などが無料で利用できます。

はい。RAD Studioでは、旧バージョンを使用することができます。詳細は、旧バージョン情報ページをご覧ください。

いいえ、できません。購入したライセンスとそのライセンスによって利用できる旧バージョンのライセンスは、同一のユーザーアカウントのものとみなされます。これらのライセンスを譲渡したり販売することはできません。

既に旧バージョンをお持ちの方が、最新バージョンにアップグレードした場合、購入した指名ユーザーライセンスは、双方のバージョンに有効なひとつの指名ユーザーライセンスとみなされます。そのため、旧バージョンを持っていてWebページで旧バージョンライセンスを発行しようとすると、単に既存のシリアルナンバーが再送されます。

これらのバージョンでは、Professional版およびEnterprise版のみが提供されていたためです。

旧バージョンのライセンスは、製品登録後にライセンスリクエストによって取得するため、いつでもすぐに利用できるように、製品購入後、180日(約6ヶ月)までに入手するよう推奨しています。旧バージョンのライセンスが、製品に同梱されているのではなく、ライセンスリクエストを行って取得しなければならないという点に注意してください。そのため、旧バージョンのライセンスは、必要になったときに取得するのではなく、製品購入後、新バージョンをインストールしたらすぐに入手するようにしてください。一度取得した旧バージョンのライセンスは、カスタマーポータルで管理されます。

英語版、フランス語版、ドイツ語版および日本語版が利用可能です。バージョン2007以降では、インストール時に言語を選択できます。また、Delphi 7では、それぞれの言語向けのインストーラが用意されています。

アカデミック版は、学生によるプログラミング学習や学校の授業などの学習目的のみにご使用いただけます。教育機関は、そのシステム開発等の用途にアカデミック版を使用することはできません。また、アカデミック版から通常の製品ライセンスにアップグレードすることはできません。

バージョンごとのサポート状況については、こちらのページをご覧ください。

バージョン10.x以降の旧バージョンを利用するために、新たなインストーラーキーを入手する必要はありません。それ以前のバージョンについては、リクエストベースで必要なバージョンのインストーラ―キーを入手できます。これらの旧バージョンは、最新のOSプラットフォーム、データベースなどに対応しておらず、旧プロジェクトの保守や移行のために提供されているという点にご注意ください。

RAD Studioには、InterBase Developer Editionが含まれます。これは、InterBase を使用するアプリケーションを開発するためのライセンスで、20ユーザー、80論理接続をサポートしています。InterBase Developer Editionのライセンスは、RAD Studioのライセンスに含まれており、通常Delphiのシリアルナンバーを使って、RAD Studioとともにインストールされます。

InterBaseを使ったアプリケーションを配布する際には、InterBaseのライセンスが必要になります。エンバカデロでは、用途に応じてDesktop、Server、ToGoなどのライセンスオプションを用意しています。詳細は、お問い合わせください。

Delphi for .NETは旧製品であり、古いDelphi for .NETの使用は推奨していないため、この製品は無償の旧バージョンライセンスには含めていません。

RAD Studio最新バージョンの輸出規制分類番号(ECCN)は、5D992C – Mass Market です。

CodeSite Studio 5

The product will install over previous versions of CodeSite Studio and CodeSite Express and requires no extra steps.

Konopka Signature VCL Controls

Radiant Shapes

No. Radiant Shapes is a component library for FireMonkey.

The product comes in the form of an executable installer that requires no separate steps. It is available through GetIt.

Steema

Documentation is only in English. Chart dialogues and message constants are in 37 languages.

The product comes in the form of an executable installer that requires no separate steps.

The TeeChart installer automatically backs up and replaces the Light version. No human intervention is normally required.