More than 3 million users worldwide

最新情報 - 「第33回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」参加申込受付開始!

RAD Studio

クラウド、RDBMS、IoTとの広範な接続性を提供するネイティブクロス開発スイート

Start a FREE Trial

NEW: 10.1.2 Berlin
Anniversary Edition
- Now Available -
Get yours today

RAD Studio

RAD Studioは、クラウドサービスや主要なデータベース、広範なIoTデバイスとの接続性を提供するクロスプラットフォームネイティブアプリケーション開発環境です。Windows 10対応のアプリケーション構築をサポートするVCLコントロール、Windows、Mac、モバイル向けクロス開発を可能にするFireMonkeyフレームワークが、コンポーネントによるビジュアル開発を実現。多様なプラットフォーム向け開発で5倍の生産性を発揮します。真のネイティブクロス開発を実現したRAD Studioを用いれば、アプリケーションパフォーマンスを犠牲にすることなく、単一コードからマルチプラットフォームサポートが可能になります。

旧バージョンをご利用中の方への注意事項
旧バージョンを利用中のお客様は、最新のRAD Studio 10.1 Berlinへのバージョンアップを今すぐご検討ください。Windows 10は継続的なアップデートを行っており、最新OS環境をサポートするには、常に最新のリリースを利用できる環境を用意しておくことが重要です。RAD Studio 10.1 Berlinでは、製品に標準添付されたアップデートサブスクリプションサービスにより、製品アップデートやパッチを提供します。

Windows 10およびモバイル向けのCLANGベースC++コンパイラを強化

C++BuilderのWindows 10(32-bitおよび64-bit)、モバイル(iOSおよびAndroid)向けC++コンパイラは、標準のC++言語による迅速なWindows/クロスプラットフォーム向け開発を実現するRAD拡張を加えています。後方互換性を維持しながら、Windows向けのVCLとクロスプラットフォーム向けのFMX(FireMonkey)フレームワークとの緊密な統合、C++言語標準のサポートやモバイル向けのARC(Automatic Reference Counting)ベースのメモリ管理機能などを搭載しています。従来のWindowsベースのC++Builder VCL開発者や、Java、Objective-C、C#、Xcode、Xamarin、Visual Studioなどの他のツールや言語から、新たにC++によるモバイル/デスクトップアプリケーション開発を行う開発者にとって、最新のC++Builderは必須のツールとなります。

C++ Clang 3.3は、最適化されより進化している。

Michael Ang Fong Tech Solutions

強力なクロスプラットフォームUX

FireUIにより、Windows 10、Android、iOS、OSX向けアプリを一度に構築可能

RAD Studioに搭載されたFireUIマルチデバイスデザイナとクロスプラットフォームUIフレームワークを用いれば、単一のコードから真のマルチデバイスネイティブアプリケーションを構築できます。多くのツールでは、ネイティブクロス開発を実現していても、UIの設計については、プラットフォームごとに別々に作成しなければならず、効率的ではありません。

モバイルアプリ開発者は、共通のネイティブルック&フィールUIを、スマートフォン、タブレット、デスクトップといった複数のフォームファクター向けに一度で構築することができます。ユーザーインターフェイスからあらゆるクライアント側のコードまでを作成可能。プラットフォームAPI、デバイスのセンサーやサービスも利用でき、共通のコードベースから、ネイティブGPU / CPUを用いた最高のハイパフォーマンスを発揮するアプリケーションを提供できます。

FireUIにより設計時のライブプレビューが可能

FireUIアッププレビューは、FireMonkeyアプリケーションのiOS、Android、OS X、Windowsデバイスでの設計時プレビューを可能にします。FMXデザイナでの変更はリアルタイムで接続されたデバイスにブロードキャストされ、適切なスタイルで表示されます。

RAD Studioには、モバイルアプリケーション開発に必要なすべての機能が揃っている。新しいFireUIアッププレビューは、開発効率を高め、作業時間を大幅に短縮してくれます。

Horácio Filho Fofoflylândia

先進のIoTアプリケーション構築を実現

IoTガジェットとデバイスを容易にアプリやエンタープライズシステムに接続可能

RAD Studioは、IoT(Internet of Things)を活用したアプリケーション開発を可能にします。既存のデスクトップアプリケーションやモバイルアプリケーションに、デバイスやセンサーと通信する機能を搭載し、企業のバックエンドデータ、クラウドサービスなどと容易に連携することができます。

数多くのガジェットやデバイスが、IoTのエコシステムに日々追加されつつあります。そして、これらのガジェットやデバイスと通信するアプリケーションの可能性にも注目が集まっています。RAD Studioは、これらのガジェットやデバイスを活用した新しいアプリケーション構築を可能にします。

広範かつ柔軟な接続性を提供

既存のビジネスアプリケーションも、容易にモバイルデバイスや新しいIoTガジェット、複数のバックエンドサービスやデータベースと統合するように拡張できます。革新的なLiveBindingソリューションにより、データがどのようにフォームやアプリケーションに接続されるのかをビジュアルに設計、確認可能。多様なデータを扱うアプリケーションの構築を劇的にスピードアップできます。バックエンドサービスやプラットフォームを変更する際も、膨大な変更作業を伴うことなく、柔軟かつ容易にスイッチできます。

⻄都原考古博ナビは、ビーコンを活⽤することで展⽰室の地図上に現在位置を表⽰。地図に自分の位置情報を表示するというスタイルのiBeaconの活用は、非常に面白い試みだ。
BeaconFence開発事例「宮崎県立西都原考古博物館」を見る

東 憲章⽒
宮崎県⽴⻄都原考古博物館

Harris Vrahimis Computernetics Corporation

今すぐRAD Studioで開発を始めよう!

トライアル版

無料でRAD Studioのフル機能を30日間試用可能

ダウンロード >

ダウンロードはこちら

RAD Studioを購入

先進のツールを購入してマルチデバイス開発を始めよう!

製品の購入 >

詳細はこちら

RAD Studioを使い始めるための関連情報

今すぐ始めよう >

使ってみよう!>