RAD Studio 11.2 Alexandria リリース 詳細はこちら

See What's New in RAD Studio 11.2 リプレイを見る

UltraEdit + InterBase FREE with Enterprise or Architect Edition Shop Now

Python、C++、VC。新ツール登場!詳細はこちら

製品利用の情報はサポートナレッジベース

Delphi / C++Builder Community Edition 10.4.2

New Amazon Web Services SDK Available: 詳細はこちら

「RAD x Low Code」バーチャルセミナー

システム開発にスピードと柔軟性を!適材適所で活きる最新開発テクノロジー

近年、ローコード開発がトレンドになっています。Gartnerをはじめとするさまざまな研究グループは、ローコードアプリケーション開発プラットフォーム市場が2019年に1,000万ドルあまりに達しており、2020年から2027年の間のCAGR(年平均成長率)が20%以上になるだろうと予測しています。

人気のローコードプラットフォームは、ビジュアルIDEを提供しておりシンプルな開発が可能ですが、重要なのは、プラットフォームが想定したもの以上の複雑なアプリケーションを実装するには、非常に高いハードルが存在することです。

今回、RAD手法によって早くからローコードアプローチを実現してきたDelphiを有するエンバカデロが、ローコード開発に関するバーチャルセミナーを企画。ローコード開発のトレンドやそこに潜む問題点をあぶりだすとともに、これからのローコード開発の可能性を探ります。

セミナーでは、エンバカデロと同じアイデラグループに属するランサのローコード開発ソリューションも紹介。ローコードアプローチの実際を学ぶことができます。

YouTubeビデオ視聴はこちら

開催概要

  • 主催
    エンバカデロ・テクノロジーズ
  • 共催
    ランサ・ジャパン
  • 配信日時
    2021年3月2日(火)15:00 ~ 17:30
  • 参加費
    無料(事前登録制)
  • 視聴方法

プログラム

*海外講師の講演については、同時通訳でお届けする予定です。

講師プロフィール

  • アタナス・ポポフ

    エンバカデロ・テクノロジーズ ジェネラルマネージャー

    10年以上にわたり、テクノロジー企業の設立や経営、成長戦略の立案、実行に携わる。2015年にエンバカデロ・テクノロジーズのジェネラルマネージャーに任命され、同社のグローバルビジネス戦略の遂行。現在は、開発ツール部門全般を統括する。製品開発、マーケティング、セールスなどの分野の経験を有し、技術者でもある。南カリフォルニア大学で数学の学士、修士を取得。

    担当セッション

    オープニング~メッセージ:「RAD. Low-Code. No-Code.What is the difference?」

  • 金春 利幸

    アールスリーインスティテュート 取締役 Chief Innovation Officer

    大阪大学大学院修士課程卒業後、NTTデータに入社、同社での研究開発を経て、アールスリーインスティテュートの立ち上げに参画、現在はAWSやkintone等のクラウドサービスを活用したシステム開発を行うとともに、kintoneのノーコードカスタマイズサービスであるgusuku Customineを提供。

    担当セッション

    国内トレンド情報:「kintoneエコシステムで実現する内製化とDX」

次のような方にお勧め

  • 従来の開発手法に限界を感じている方
  • ローコード開発やノーコード開発に興味があるが、まだ取り組んでない方
  • DelphiやC++Builderでの開発を経験してきて、最近のローコード開発にも興味を持った方
  • 企業の情報システム部門で、自社開発可能な分野を模索している方
  • 開発生産性の向上について検討している方、取り組んでいる方
YouTubeビデオ視聴はこちら

世界をリードする企業は、エンバカデロ製品で構築されたソフトウェアに依存しています