エンバカデロ、企業システムにおけるモバイル導入を成功させるためのポイントを解説するセミナーを開催

「デスクワーク」から「ながらワーク」へ ~ エンタープライズシステム構築に携わってきたオピニオンリーダーがモバイルによってシステム/企業活動がどのように変化するかを語る

2014年11月18日
エンバカデロ・テクノロジーズ

エンバカデロ・テクノロジーズ(日本法人:東京都文京区、日本法人代表:藤井 等、以下エンバカデロ)は本日、エンタープライズシステム構築に携わってきたオピニオンリーダーが集まり、エンタープライズモバイルの潮流を正しく捉えるためのポイントを解説する「エンタープライズ・ルネッサンス2014『エンタープライズモバイル実現セミナー』」を開催することを発表しました。本セミナーは、2014年12月11日(木)、トラストシティ カンファレンス・京橋にて実施します。

企業におけるモバイル導入は、業務システムのあり方を変えました。これまでのシステムは、デスクに向かって利用する「デスクワーク」が中心でしたが、モバイルにより、システムはより現場へと近づき、現場で業務を行いながら利用する「ながらワーク」が可能になりました。この変化は、単にアプリケーションの方式を変えるだけでなく、業務そのものを変革し、企業にとって大きなビジネス価値をもたらすものです。モバイル開発を成功させるには、アプリケーション開発の方式といったテクノロジーにばかり注目するのではなく、業務プロセスを変革する手段としてテクノロジーを活用するという、より俯瞰した視点が重要です。

今回、『日経Javaレビュー』編集長などの経験を積みフリーのITジャーナリストとして活躍する星 暁雄氏、アーサーアンダーセン・ビジネスコンサルティングにて企業改革の現場に従事するなど、IT活用支援の幅広い実績を持つエークリッパー・インク 代表 羽生 章洋氏、NTTデータビジネスブレインズでさまざまなシステム開発に従事した経験を有するエンバカデロ・テクノロジーズ シニア・セールスコンサルタントの伊賀 敏樹の3氏が集まり、エンタープライズモバイルの潮流を正しく捉えるためのポイントを解説します。

開催概要

エンタープライズ・ルネッサンス2014「エンタープライズモバイル実現セミナー」

  • 主催:エンバカデロ・テクノロジーズ
  • 日程:2014年12月11日(木) 14:00~17:30(13:30開場)
  • 会場:トラストシティ カンファレンス・京橋(JR東京駅より徒歩4分、東京メトロ銀座線 京橋駅より徒歩1分)
  • 地図:http://www.tcc-kaigishitsu.com/tcc-k/access.html
  • 参加費:無料(事前登録制)

プログラム

時間内容
14:00~14:15
オープニング「モバイルは、なぜそんなにも重要なのか」
ITジャーナリスト 星 暁雄
14:15~15:00
「エンタープライズ・ルネッサンス 〜エンタープライズモバイルが実現する企業活動の原点回帰〜」
エークリッパー・インク 代表 羽生 章洋
15:00~15:10 休憩
15:10~15:50
「エンタープライズモバイルを実現するためのソフトウェア開発プロジェクト成功の7か条」
エンバカデロ・テクノロジーズ シニア・セールスコンサルタント 伊賀 敏樹
15:50~16:20
「エンタープライズモバイルを現実にするための実装技術」
エークリッパー・インク 代表 羽生 章洋
16:20~16:30 休憩
16:30~17:30
パネルディスカッション「エンタープライズ・ルネッサンスの潮流に乗るには?」
モデレータ:星 暁雄  パネラー:羽生 章洋、伊賀 敏樹

詳細ならびにお申し込みについては、こちらをご覧ください。
http://www.embarcadero.com/jp/seminar/enterprise-renaissance

講師プロフィール

星 暁雄
ITジャーナリスト。日経BP社で『日経エレクトロニクス』記者、『日経オープンシステム』(現『日経SYSTEMS』)副編集長、オンラインマガジン『日経Javaレビュー』編集長などの経験を積み、2006年に独立。現在はフリーランスとして活動。半導体、プログラミング言語、オペレーティングシステム、エンタープライズIT、インターネットサービス、スマートデバイスなど、幅広い取材執筆経験を持つ。最近は現実世界のモノとソフトウェアを結ぶ技術に特に注目している。

羽生 章洋(エークリッパー・インク 代表)
1968年生まれ。大阪育ち。ソフトウェア会社にて様々な業種・業態向けシステム開発に携わりながらDOAに傾倒の後、アーサーアンダーセン・ビジネスコンサルティングにてERPコンサルタントとして企業改革の現場に従事。その後、証券会社の新規創業におけるIT部門ディレクター、さらに外為取引会社の新規創業にIT担当取締役として参画。両社とも後にIPOを達成。2001年に現在のマジカジャパンを設立しCRMやBPRにおけるIT活用の支援を提供しながら、OSSのNPO法人Seasarファウンデーション創設への参画、国立大学法人琉球大学の非常勤講師などを経て、2011年9月にモバイルとクラウドへの取り組みを中心に据えたエークリッパー・インクを設立。以後、現職。著書に『SQL書き方ドリル』、『楽々ERDレッスン』、『いきいきする仕事とやる気の作り方』など多数。

伊賀 敏樹(エンバカデロ・テクノロジーズ シニア・セールスコンサルタント)
1968年生まれ。筑波大学卒業。エンバカデロ・テクノロジーズにて、ソフトウェア開発技術に関するエヴァンジェリズム活動や製品販売の技術的支援などを行っている。C++言語やJava言語を中心としたプログラミング技術をもち、さまざまなシステム開発への従事経験を有す。エンバカデロに加わる以前は、NTTデータビジネスブレインズに勤務。趣味はヴァイオリン演奏で、アマチュアオーケストラなどに所属している。

以上

エンバカデロ・テクノロジーズについて

エンバカデロ・テクノロジーズは、1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」との合併によって、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーとなりました。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のコミュニティが、エンバカデロのDelphi®、C++Builder®といったCodeGear™製品やER/Studio®、DBArtisan®、Rapid SQL®をはじめとするDatabaseGear™製品を採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。エンバカデロ・テクノロジーズは、サンフランシスコに本社を置き、世界各国に支社を展開しています。詳細は、www.embarcadero.com/jp をご覧ください。

Embarcadero、Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。