RAD Studio 10.3.2リリース!詳細はこちら

お得なキャンペーン情報はこちら

プレスリリース

エンバカデロ、ソースコード不要で80以上のエンタープライズサービスに接続可能な「Enterprise Connectors」を提供

データ連携コンポーネントのCDataと連携し、RAD Studio のコンポーネントをリリース予定

2017年7月20日
エンバカデロ・テクノロジーズ

エンバカデロ・テクノロジーズ(本社:米国テキサス州オースティン、日本法人:東京都文京区、 日本法人代表:藤井 等、以下エンバカデロ)は、CData Software(本社:米国ノースカロライナ州、日本法人:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者:疋田 圭介)と提携し、クロスプラットフォーム対応アプリの統合開発環境「RAD Studio / Delphi / C++Builder」からクラウドなどのエンタープライズサービスに安全かつ簡単にアクセスできる「Enterprise Connectors(エンタープライズ・コネクターズ)」を提供します。(β版を公開、リリース版は2017年夏提供予定)

enterprise-connectors

製品Webページ:https://www.embarcadero.com/jp/products/enterprise-connectors

Enterprise Connectorsの特長

  • 共通データアクセス機能のFireDACを活用し、80以上のエンタープライズサービスと接続可能
    RAD Studioに搭載されたFireDACは、Oracle、SQL Sever、DB2など主要なRDBMSに、コンポーネントによる共通アクセス機能を提供します。今回のEnterprise Connectorsは、このFireDACにエンタープライズサービスへのアクセス機能を追加するもので、各エンタープライズサービスのAPIを使用せず、コンポーネントのドラッグ&ドロップ操作で、Salesforce.comやSAP、AWS、Office 365など80以上のエンタープライズデータを利用したアプリ開発を迅速に行えます。各サービスを利用するためのAPIは、コンポーネントによってカプセル化されているため、開発者は、サービスの違いや仕様変更などに影響されることなく、多様なエンタープライズサービスを利用できます。
  • 既存システムとクラウドの接続に「Enterprise Connectors」が活用可能
    Enterprise Connectorsを利用したビジュアル開発によりAPI・SQL等の接続部分の開発が省略でき、既存システムとクラウドの接続開発にかかる工数を大幅に削減することができます。また、RAD Studio / Delphi / C++Builderでは、マルチデバイス開発が行えるため、クラウドなどエンタープライズサービスのデータを利用したWindows、macOS、iOS、Androidのアプリを簡単に開発できます。WindowsおよびLinux向けのサーバーサイドアプリケーションにおいても、エンタープライズサービスへの容易なアクセスが可能となり、多様なシステムの連携/統合に役立てることができます。

製品(コンポーネント)ラインナップ

Enterprise Connectorsでは、会計、CRM、ビッグデータ、ドキュメント、SNSなど多種多様なデータソースへアクセスできます。RAD Studio / Delphi / C++Builderでの開発において、FireDACコンポーネントからソースコード作成の必要なく各エンタープライズデータソースとの接続が可能です。

  • Enterprise Connectors
    Salesforce.com、MailChimp、Paypal、Google BigQuery、Facebookといった主要エンタープライズサービス45種類以上と接続が可能です。
  • Enterprise Connectors Plus
    Marketo、Google Analytics、Office 365、Boxといった主要エンタープライズサービス80種類以上と接続可能です。

※ライセンスは、1年間のサブスクリプションライセンスとして提供されます。サブスクリプションライセンスは開発者単位で、開発したアプリケーションの再配布には費用はかかりません。サブスクリプション契約が失効すると、アプリケーションをビルドすることはできなくなりますが、配布済のアプリケーションが使えなくなることはありません。

エンタープライズサービス(クラウド)の接続先

enterprise-connectors

Enterprise Connectorsは、2017年7月28日 東京・中野で開催される「第34回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」にて日本初公開する予定です。Enterprise Connectorsのベータ版は、RAD Studio / Delphi / C++Builderの最新バージョン10.2 Tokyoユーザーが使用できるほか、デベロッパーキャンプ参加者が利用できます。デベロッパーキャンプについてはこちら

CData Software について

CData Software はデータアクセスおよび連携ソリューションのリーディングカンパニーです。ドライバーとデータアクセステクノロジーの開発に特化し、お客様のオンラインおよびオンプレミスのアプリケーション、データベース、WebAPI へのリアルタイム接続を実現します。CData ドライバーは、ODBC、JDBC、ADO.NET、OData、SSIS、BizTalk、Excel などの標準コネクターや標準アプリケーションプラットフォームを経由したデータアクセスを提供します。

エンバカデロ・テクノロジーズについて

1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」と合併したエンバカデロ・テクノロジーズは、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーです。2015年10月には、独立系ツールベンダーであるアイデラの傘下となり、さらなる技術革新と製品/サービスの品質向上に努めています。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のユーザーが、エンバカデロのRAD Studio、Delphi、C++Builderといったアプリケーション開発ツール、ER/Studio、DBArtisan、Rapid SQL、DB Optimizerといったデータベースツールを採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。詳細は、www.embarcadero.com/jpをご覧ください。

Embarcadero、Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。