RAD Studio 10.3.2リリース!詳細はこちら

お得なキャンペーン情報はこちら

プレスリリース

ビッグデータプラットフォームのサポート強化などによりメタデータガバナンスの実現と組織内のコラボレーション、生産性向上をサポート

2013年5月29日
エンバカデロ・テクノロジーズ

エンバカデロ・テクノロジーズ(日本法人:東京都千代田区、日本法人代表:藤井 等、以下エンバカデロ)は、本日、データモデリングツールの最新バージョン「ER/Studio XE3(イーアールスタジオ・エックスイースリー)日本語版」を発表しました。ER/Studioは、多くの企業、開発プロジェクトで採用された実績を持つデータモデリングツールで、多様なデータベース、データウェアハウス等のメタデータを可視化、分析、最適化を効率化します。

ER/Studio XE3は、エンバカデロが推進するデータガバナンス戦略のサポートの一環として機能強化されています。ER/Studio XE3は、複数のシステムに点在するデータの結び付きを可視化し、企業内に日々蓄積されていく膨大な量のデータを正確に理解可能にします。新しいリリースには、以下の機能が含まれます。

  • 物理、論理、概念モデル間のエンタープライズモデリングと影響分析のための高度なユニバーサルマッピング機能
  • 完全なフォワード/リバースエンジニアリングを可能にするカスタムデータ型の作成機能
  • Microsoft SQL Server 2012のサポートとビッグデータプラットフォームTeradata、IBM Netezzaの新バージョンならびにEMC Greenplumをサポート
  • 動作環境としてMicrosoft Windows 8をサポート
  • ユーザーインターフェイスの改善、新しい検索エンジンの搭載により新しくなったER/Portal

既存システム資産の有効活用に威力を発揮

ER/Studioは、18種類以上のデータベースの複数バージョンに対応しており、それぞれのデータベースからスキーマ情報を取得して、データ設計を可視化できます。設計情報は、データベース固有の物理図と、データベース実装に依存しない論理図を複数持つことができ、異なるデータベースへの移行や、プラットフォームを超えたデータ設計の共通化に用いることができます。昨今増加している既存システムの改修や移行、システム間の連携などにおいて、データ設計を改善、共有することができます。

ビッグデータの活用を支援

ER/Studioは、Teradata、IBM Netezza、EMC Greenplumに対応しており、ビッグデータにおけるメタデータ管理も最適化できます。主要なビッグデータプラットフォームのデータ設計を効率的に管理するとともに、データの抽出や変換のルールも可視化できます。

提供時期と価格

ER/Studio XE3日本語版は、本日より販売を開始し、6月4日より出荷開始を予定しています。ER/Studioには、フル機能を搭載し、マルチプラットフォームデータベースをサポートした「XE3」のほかに、単一データベースまたは複数データベースをサポートしたデータモデリング専用ツール「Data Architect」が用意されています。

  • ER/Studio XE3:プロセスモデリングからデータモデリング、アプリケーションモデリングまでをカバー。マルチプラットフォームデータベースをサポートしています。(価格:¥960,000より)
  • ER/Studio Data Architect:データモデリングをサポート。接続できるデータベースの種類に応じて、単一プラットフォーム版とマルチプラットフォーム版を用意しています。(価格:¥180,000より)

※    価格はいずれも税別です。別途、年間メンテナンス費用が必要です。

詳細は、http://www.embarcadero.com/jp/products/er-studio をご覧ください。

エンバカデロのメタデータガバナンスプラットフォームについて

データガバナンスにおけるメタデータの重要性は、ビジネスニーズや要求(ポリシー)と、情報やデータ値とのつながりを提供することによって、組織のデータから価値を取り出すために不可欠なものです。エンバカデロのポートフォリオは、事業計画やソフトウェア開発のライフサイクル全体を通じて、「ガバナンス対応」しており、メタ―データの共有とその制御ならびに価値の提供を実現するように設計されています。

  • ER/Studio – 業界最先端のアーキテクチャスイート
  • RAD Studio – マルチデバイス向け開発を効率化
  • DB PowerStudio – クロスプラットフォームデータベース管理と最適化

以上

エンバカデロ・テクノロジーズについて

エンバカデロ・テクノロジーズは、1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」との合併によって、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーとなりました。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のコミュニティが、エンバカデロのDelphi®、C++Builder®、JBuilder®といったCodeGear™製品やER/Studio®、DBArtisan®、RapidSQL®をはじめとするDatabaseGear™製品を採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。エンバカデロ・テクノロジーズは、サンフランシスコに本社を置き、世界各国に支社を展開しています。詳細は、www.embarcadero.com/jp をご覧ください。

Embarcadero、Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。