エンバカデロ、業界初、デスクトップ、モバイル、ウェアラブル向けアプリケーションすべてで利用できるアナリティクスサービス「Embarcadero AppAnalytics」を提供開始

ユーザーがどのようにアプリケーションを利用しているかを把握でき、開発者は、よりよいユーザー体験の提供が可能に

2015年5月12日
エンバカデロ・テクノロジーズ

エンバカデロ・テクノロジーズ(日本法人:東京都文京区、日本法人代表:藤井 等、以下エンバカデロ)は本日、RAD Studio XE8で構築されたデスクトップ、モバイル、ウェアラブル向けアプリケーションの利用状況を分析できる新サービス「Embarcadero AppAnalytics(エンバカデロ・アップアナリティクス:以下「AppAnalytics」)」の提供を開始したことを発表しました。AppAnalyticsは、エンバカデロが提供するホスティングサービスで、RAD Studio XE8に搭載された専用のコンポーネントを用いることで、Windows で稼働するDelphiおよびC++BuilderのVCL(Visual Component Library)アプリケーション、FireMonkeyで作成したモバイルアプリケーションおよびデスクトップアプリケーションの利用状況のデータを収集、分析可能にするものです。

開発したアプリケーションをユーザーがどのように利用しているかを把握するために、AppAnalyticsは、ユーザーが使用するOS環境や、アプリケーションの操作、エラーの発生状況などを収集し、エンバカデロのクラウド環境に保管します。開発者は、エンバカデロが提供するAppAnalyticsサイトにアクセスすることで、アプリケーションの使用状況に関するデータを閲覧、分析できます。

これまでも、モバイルアプリやWebアプリケーションについては、アナリティクス情報を収集、分析するサービスが別々に提供されていましたが、Windows、OS X、iOS、Androidの4プラットフォームを問わずにサポートするサービスとしては、業界初となります。PC向けのアプリケーションとモバイルアプリでは、操作性も異なります。同じアプリケーションを複数デバイスに展開した際に、それぞれのデバイスごとにどのような操作がなされているかを把握できれば、デバイスごとに最適化されたユーザー体験の提供が容易になります。

AppAnalyticsの主な機能

  • Windows、OS X、iOS、Androidの4プラットフォームをサポート
  • コンポーネントを配置してプロパティを設定するだけで、既存のVCL Windowsアプリケーション、FireMonkeyマルチデバイスアプリケーションの利用情報を収集
  • AppStart(アプリの開始)、FormActivate(フォームのアクティブ化)、ControlFocus(コントロールにフォーカスが移動)、ExceptionThrown(例外が発生)などのイベントをキャプチャー可能。さらに1行のコード追加のみでカスタムイベントを定義し、任意のイベントをキャプチャー
  • キャプチャーした情報は、一時的にクライアントにキャッシュし、エンバカデロのクラウドサービスに保管
  • OSやCPUのバージョンなど、各イベントに対して環境に関する統計情報を提供
  • アナリティクスダッシュボード – 指定した期間の利用状況を示すビジュアルレポートを表示
  • 月間10,000イベントまで無料で使用できる始めやすい利用プラン
  • 大規模な企業向けアプリやコンシューマ向けモバイルアプリなどで役立つ複数アプリの管理

サービスの利用開始時期

AppAnalyticsは、本日5月12日よりご利用いただけます。RAD Studio XE8、Delphi XE8、C++Builder XE8ユーザーは、AppAnalyticsサイトに登録するだけで、月間10,000イベントまで、無料でご利用いただけます。

AppAnalyticsのサービスならびに利用プランの詳細については、以下のページをご覧ください。
http://www.embarcadero.com/jp/products/appanalytics

以上

RAD Studio XE8について

Embarcadero RAD Studio XE8は、Windows、Mac、iOS、Androidのマルチデバイス向けネイティブ開発環境です。PC、タブレット、スマートフォン向けアプリケーションに加え、IoT対応アプリを構築可能。コンポーネントによるビジュアル開発で驚異的な生産性を実現します。FireUIが複数デバイス向けのUI設計を効率化。FireDACが主要なデータベースへの共通アクセスを可能にします。デスクトップから多層、クラウド、Web、モバイルといった広範なプラットフォーム向けに、IoTからエンタープライズ、クラウドへとつながるアプリケーションを構築できます。

RAD Studio XE8の詳細は、http://www.embarcadero.com/jp/products/rad-studio をご覧ください。

エンバカデロ・テクノロジーズについて

エンバカデロ・テクノロジーズは、1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」との合併によって、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーとなりました。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のコミュニティが、エンバカデロのDelphi®、C++Builder®といったCodeGear™製品やER/Studio®、DBArtisan®、RapidSQL®をはじめとするDatabaseGear™製品を採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。エンバカデロ・テクノロジーズは、サンフランシスコに本社を置き、世界各国に支社を展開しています。詳細は、www.embarcadero.com/jp をご覧ください。

Embarcadero、Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。