InterBase 2020 is here! 詳細はこちら

RAD Studio 10.3.2リリース!詳細はこちら

お得なキャンペーン情報はこちら

Renew your Update Subscription license now 詳細はこちら

Visit the new Registered Products Portal こちらからダウンロード

CX_Logo_76x76px

実践!ビジュアルC++プログラミングで学ぶマルチデバイスアプリ開発

C++Builder Community Editionで始めるビジュアルC++開発

第1回 ネイティブアプリケーションを作成しよう!

はじめに

業務システムでも広く利用されているC++。多くの大学や専門学校でも、その基礎が学ばれています。C++には、構造化プログラミング、例外処理、オブジェクト指向、テンプレートなど、さまざまなプログラミング言語で採用されている概念が導入されており、プログラミング力を高める上で、いつかは学びたい言語の筆頭です。とはいえ、なかなかとっつきにくいのが実情です。

そこでこの連載では、ビジュアル開発によって、C++プログラミングを分かりやすく効率的に学び、昨今需要の高まるスマートフォンやタブレット向けのマルチデバイス開発までをカバーします。2018年7月にリリースされたC++Builder Community Editionは、個人やスタートアップ企業の方であれば、Windows、macOS、iOS、Android向けのC++開発機能を無料で利用できる開発環境です(商用開発には制限があります)。

連載で取り上げるテーマは、「蔵書管理アプリ」です。購入した書籍の情報を管理し、スマートフォンやタブレット 、PCで使用できます。アプリでは、書籍の背面に付いているバーコード(ISBNコード)を、スキャンも しくはキーボードで入力し、Webサービスから書籍情報を取得して端末側のローカルDBに保存します。

1 1a1 1b
図1-1 蔵書管理アプリ(iOSで実行)

1 2a1 2b
図1-2 蔵書管理アプリ(Windows 10で実行)

C++Builderでマルチデバイスアプリケーションを作成

C++Builderは、Windows専用のネイティブアプリケーション(VCLアプリケーション)のほかに、Windows、macOS、iOS、Androidの各プラットフォーム向けのネイティブアプリケーションを構築できるマルチデバイスアプリケーション(FireMonkeyアプリケーション)を作成することができます。

C++Builderには、各プラットフォーム向けのネイティブコンパイラが搭載されており、これとマルチデバイスフレームワークであるFireMonkeyを組み合わせることで、各プラットフォーム向けのネイティブアプリケーションを単一のコードベースから開発することができます。

一回作成するだけで、複数OS向けに構築できるのは便利ですね。しかも、C++のフル機能が使えてネイティブコードなのです。

それでは、さっそくFireMonkeyのマルチデバイスアプリケーションを作成してみましょう。C++Builderを起動したら、メインメニューから[ファイル|新規作成|マルチデバイスアプリケーション]を選択します。表示されたウィザードで「空のアプリケーション」を選択して[OK]ボタンをクリックします。

すると、図のように、画面中央に設計フォームが表示されます。C++Builderでは、このフォーム上にコンポーネントを配置して、ユーザーインターフェイスを設計していきます。今回は、書籍の詳細画面を作成しましょう。書籍の一覧画面もありますが、これは、今後の連載で作成します。

1 3
図1-3 新規マルチデバイスアプリケーション