CX_Logo_76x76px

C++Builder® - Community Edition

Full-Featured Free C++ IDE for Creating Native Cross-Platform Apps

C++Builder Community Edition

フリーランスの開発者、スタートアップ企業、学生、趣味のプログラマーは、無料のC++Builder Community Editionで、開発スキルを共有しよう。フル機能の統合開発環境(IDE)を用いれば、iOS、Android、Windows、macOS向けアプリケーションを単一のC++コードベースで構築できます(商用利用には制限があります)。C++Builder Community Editionには、コードエディタ、強力なデバッグツール、プラットフォーム固有のスタイルをサポートしたビジュアルUIデザイナ、UI設計時のライブデータ表示が可能なローカルデータベースアクセス機能、Bluetooth、IoTアクセス機能などが搭載されています。

Community Editionは、個人またはスタートアップ企業の方が利用できる製品です。Community Editionを利用している企業の年間売上が5,000 USドル以上に達した時点で、Professional以上の有償エディションを購入いただく必要があります(個人で利用している方の場合、作成したアプリケーションやコンポーネントの年間売上が5,000 USドル以上に達した時点)。企業に所属される方が、個人としてCommunity Editionを使用される場合には、企業のアカウントではなく、個人アカウントによって登録を行うことをお勧めします。Community Editionの利用規定に該当しない企業ユーザーの方は、有償エディションを購入いただくか、無料のトライアル版で製品の試用を行ってください。

Community Editionを無料ダウンロード

C++Builder Community Editionでアプリケーション開発を始めよう

  • C++Builder Community Editionでは、すぐに使えるプロフェッショナルレベルの統合された開発ツール環境を用意
  • Windows、macOS、Android、iOS向けアプリケーションを単一コードベースから開発可能
  • VCLおよびFireMonkeyコンポーネントフレームワークによりビジュアル開発を実現
  • 任意のデバイス上でのデバッグを可能にするビルトイン統合デバッグツール
  • ローカルおよび組み込みデータベースアプリケーションの構築をサポート
  • アプリケーション機能を向上し開発工数を削減できる豊富なコンポーネント
  • 個人開発者または5名以下の開発者の企業で利用(企業の年間売上が5,000 USドル未満、または個人開発者の場合、作成したアプリケーションの年間売上が5,000 USドル未満の場合に限る)

Community Editionから始めれば、ビジネスの拡大や機能要件の増加に伴って、有料の上位エディションにアップグレードできます。その際でも、習得したスキルや開発したアプリケーション資産、ソースコードなどは、そのまま上位エディションでも利用できるので、ビジネスを止めることはありません。

C++Builder Community Editionはどのような開発者に最適か?

クロスプラットフォームアプリケーションの開発、オープンソースのC++Builderプロジェクトのメンテナンス、C++Builderの学習などを行っている個人の開発者、趣味のプログラマー、学生で、プロフェッショナルレベルの開発ツールを必要とし、その売上が5,000 USドル未満の場合には、C++Builder Community Editionは最適な選択肢です。

また、まだ収益化していないスタートアップビジネスで、アイデアをカタチにする効率的なソフトウェア開発ツールを必要としている場合にも、最適な選択肢となります。Community Editionによって開発を始めれば、初期投資なく、わずかな学習期間で迅速にマルチプラットフォーム向けのアプリケーションを構築できます。

C++Builder Community Editionの利用資格

個人開発者の場合、自分で使用するアプリケーションのための開発、無料のアプリケーション、有料のアプリケーション開発のためにC++Builder Community Editionを使用することができます。有料のアプリケーションを開発する場合、その売上が年間5,000 USドルを超えた場合には、上位エディションへとアップグレードする必要があります。

売上が年間5,000 USドルに満たない小規模な組織または企業であれば、C++Builder Community Editionを使用することができます。ただし、企業の年間売上が5,000 USドルを超えた場合、あるいは5名を超える開発者を抱えるようになった場合には、上位エディションへとアップグレードする必要があります。

詳細は、Community Edition Q&Aをご覧ください。

C++Builderには、Community、Professional、Enterprise、Architectの4つのエディションが用意されています。各エディションの詳細については、製品エディション ならびに 機能一覧をご確認ください。C++Builder Communityには、上位エディションへのアップグレードパスも用意されているので、C++Builder Communityから始めて、より本格的な開発に着手する段階で、ProfessionalやEnterpriseにアップグレードすることもできます。

Community Editionを無料ダウンロード