BeaconFence

ビーコンによる近接感知を活用するための開発者向けソリューション

BeaconFenceは、近接検知を利用するための開発者向けのソリューションです。BeaconFenceの活用により、屋内(および屋外)でGPSが使えない状況でも、精密なユーザーの位置追跡が可能になります。精密な位置情報の追跡のために、ビーコンの配置レイアウトをビジュアルに管理。ゾーンを作成して、その中に入ったり、出たりした際には、コールバックイベントを発生させることができます。BeaconFenceを用いれば、高精度の空間位置認識が可能となり、ビーコンによる近接検知のより高度な活用が実現できます。

宮崎県立西都原考古博物館の館内ナビシステム構築にBeaconFenceを採用 >

BeaconFenceのコンポーネントには、いくつものプロパティ、イベントが用意されています。例えば、OnZoneEnterイベントは、ユーザーが定義したゾーンに入った場合に発生するものです。これを用いれば、容易にユーザーの移動に対するリアクションコードを記述できます。

BeaconFenceには、Beacon Fencing Map Editorが搭載されています。このビジュアルエディタを用いれば、新しいマップを作成し、オフィスフロアのレイアウト画像を読み込み、BeaconFenceで利用するマップとして使用することも可能です。工場、オフィス、ショッピングモールなどで、複数階に対して異なるマップを作成し、ビーコンの配置やゾーンを定義することも可能です。

BeaconFence ファーストインプレッションWebセミナー ビデオ >
ホワイトペーパー:BeaconFence を使って複数ビーコンで位置情報を取得する >

BeaconFence

価格と購入方法

BeaconFenceは、RAD Studio 10 に統合されたパッケージマネージャ「GetIt」経由で入手できます。BeaconFenceを利用するには、RAD Studio 10、Delphi 10、C++Builder 10のアップデートサブスクリプションに加入している必要があります。

BeaconFenceの試用は無料です。RAD Studio 10でGetItを起動し、無料のPlutoライセンスを取得してください。これにより、150m2 の単一エリアでひとつのアプリケーション、3つまでのビーコンを利用することができます。

BeaconFenceを利用するにはRAD Studio XE8以降のバージョンとアップデート・サブスクリプションが必要です。

より規模の大きい利用を検討されている方は、エンバカデロ・テクノロジーズまでお問い合わせください。

BeaconFence