RAD Studio 10.4.2 リリース!詳細はこちら

Delphi 26THバースデープレゼント詳細はこちら

Delphi 26THアプリケーションショーケース 詳細はこちら

製品利用の情報はサポートナレッジベース

InterBase 2020リリース!詳細はこちら

Bremmers Audio Design 事例紹介

Delphi 事例紹介

Bremmers Audio Design
会社名

Bremmers Audio Design

アプリケーション

MultitrackStudio for Windows and Mac OS X

開発ツール
DelphiDelphi

Bremmers Audio Design

Bremmers Audio DesignのWindows開発者は、同社の音楽ソフト「MultitrackStudio」をDelphi XE2とFireMonkeyを用いて開発することで、Mac OS Xへの対応も可能にした。Mac OS Xへの対応は、わずか20秒で済む。

「FireMonkeyなら、IDEを抜ける必要はまったくなく、すべてのタスクは、ターゲットプラットフォームを切り替え、ビルド、実行する数クリックの操作で済むのです。このタスクは20秒ほどで完了します。」

– Giel Bremmers, Founder

Bremmers Audio Design社のMultitrack Studioは、オーディオトラックおよびMIDIトラックの録音、編集、ミキシングをサポートするマルチトラック音楽録音ソフトウェアだ。世界中にMacが広まるのに伴い、MultitrackStudioの開発者は、できるだけ早くアプリケーションをMac OS Xで提供しなければならないと感じていた。

開発にはDelphiとVCL(ビジュアル コンポーネント ライブラリ。Microsoft Windowsアプリケーションを開発するためのビジュアル コンポーネント ベースのオブジェクト指向フレームワーク)が使われていた。エンバカデロ・テクノロジーズがFireMonkeyを搭載したDelphiをリリースすると、MultitrackStudioの開発者は、VCLとFireMonkeyの両方と連携できるよう、自分たちのカスタムコントロールを作り替えたのだ。

Delphi RTL(ランタイムライブラリ関数/手続き)では一般的なほとんどの関数のクロスプラットフォーム版が提供されており、CやCocoaの任意のフレームワークに対してプログラムを作成することもできた。Core AudioやAudio Unitsなど、Mac固有の一部のコードを書くだけで、Mac版が動作したのだ。

「FireMonkeyのソースコードにはOS固有のコードが含まれないため、非常に理解しやすいコードになります。そのため、アプリケーションに合わせて機能をカスタマイズすることができました。FireMonkeyのスタイルの編集も簡単で、FireMonkeyは非常に使いやすく強力なツールでした。」と、Bremmers Audio Design創業者のGiel Bremmers氏は語る。

MultitrackStudioにはDelphiで書かれた膨大な量の自動GUIテストがあった。そのテストをFireMonkeyで動かすことは非常に簡単であった。これはつまり、プログラムをMacに配置した瞬間から、数百ものテストを使用できるということだ。MultitrackStudioチームは、それぞれのテストについて順に簡単な変更を行って、Macユーザーの期待どおりにプログラムが動作するようにしたのだ。

「WindowsバージョンからMacバージョンにすばやくデバッグ対象を切り替えられることは、大幅な時間の節約につながりました。IDEを抜ける必要はまったくなく、すべてのタスクは、ターゲットプラットフォームを切り替え、ビルド、実行する数クリックの操作で済むのです。Delphiコンパイラの高速性のおかげで、このタスクは20秒ほどで完了します。Windowsプログラミングのスキルで、Macバージョンのアプリケーションを作成できたのも、Delphiのおかげです。」(Bremmers氏)