PAR Springer-Miller Systems – SpaSoft Case Study

InterBase for development

PAR Springer-Miller Systems – SpaSoft
Download PDF
会社名

PAR Springer-Miller Systems – SpaSoft

アプリケーション

組み込みデータベース技術を利用したスパ・ウェルネス管理システム

開発ツール
InterBaseInterBase
課題
  • ピーク需要時にも適切に機能する高性能SQLデータベースを組み込むこと
  • DBAサポート不要で遠隔管理可能な低メンテナンスデータベース
  • 多国/多言語運用をサポートできるデータベース
  • 軽量なメモリフットプリント、最小限のシステム要件、Web経由での簡単な配布を実現するデータベース
  • 文字数の多いパスワードへのサポート、高レベルのデータセキュリティ
結果
  • SpaSoftアプリケーションは、データベースクエリ後数秒以内に応答し、 顧客の期待をはるかに上回る性能を発揮
  • SpaSoftの顧客はメンテナンス不要を大歓迎
  • SpaSoftはユニコードサポートでアジア各地の施設をサポート
  • InterBaseのインストールに要する時間は数分以内、遠隔から容易にサポート
  • SpaSoftはPA-DSS V1.2検証を実現
Download PDF

PAR Springer-Miller Systems – SpaSoft

ウェルネス・スパ管理技術システムに関して言えば、SpaSoftは世界最高級のラグジュアリホテル、リゾート、デスティネーション・スパの標準となっている。15年以上にわたる業界標準として、SpaSoftはリソース管理、アクティビティスケジュール管理、Web予約、グループ管理、収益管理とフォーキャスト、クラブ会員、在庫管理を提供している。

PA-DSS検証済みPOSモジュールに関するファーストクラスの技術は、ホスピタリィ管理ソリューションプロバイダーPAR Springer-Miller Systems Inc.(PSMS)が多数提供する製品のひとつである。

PSMS社から提供される広範なプロダクトラインは、世界各地のリゾート、シティセンターホテル、デスティネーション・スパやゴルフ場施設、タイムシェアやカジノリゾートを含むあらゆるタイプのホスピタリティ産業の技術的要件に応えている。PSMS社のSpaSoftは今や、メキシコからモルディブ、南北アメリカからアジアまで、そして世界中のスパビジネスサービス向上に使用されている。

SpaSoftアプリケーションの背後で働いているのがデータベース管理システムInterBaseである。重要なビジネスデータと緊密に統合された強力なアプリケーション、高性能、軽量でメンテナンスがほぼ不要のInterBaseは、組み込みデータベースを必要とするSpaSoftにとって理想的なデータベース管理システムだ。

「SpaSoftの顧客は、数秒以内のアプリケーション応答速度を要求する。軽量、ハイパフォーマンスのInterBaseを用いることで、アプリケーションは容易に顧客の要求に応えることができる。そのパフォーマンスは、本当に驚異的だ。」

– Penka Sevova, Product Development Director, PAR Springer-Miller Systems

データベース性能を最大化

ホスピタリティ産業は、顧客サービスが最も優先される事項で、厳しい技術要件を要求される業界である。サービス提供時の数秒の違いが、文字通り、顧客エクスペリエンスの良し悪しを決定する。それゆえ、エンドユーザーがゲストのスパ予約を調整するときでも、会員プログラムを用意しているときでも、スパの評判は迅速で高性能な技術システムに依存する。

InterBaseは、利用できる最速のネイティブデータベースのひとつであり、その性能はビルトインSMP(Symmetric Multiprocessing)サポートによってハイエンドのシステムに適切に対応しているので、SpaSoftアプリケーションはクエリに迅速に応答できる。「SpaSoftの顧客は、数秒以内のアプリケーション応答速度を要求しています。軽量、ハイパフォーマンスのInterBaseを用いて開発したアプリケーションは、容易に顧客の要求に応えることができる。そのパフォーマンスは、本当に驚異的です。」とPSMS SpaSoft社製品開発責任者Penka Sevova氏は語る。InterBaseは、マシンあたり最大32 CPU/コアまで、マルチコアCPUを含む複数のCPUにも対応し、最大のデータベース性能を保証するために数多くのパフォーマンス/最適化機能を備えている。

ゼロメンテナンスが最大の特長

世界の大半のホテルやリゾートは多様な人材を確保していても、強力なITスタッフということになると、大抵、限定されてしまう。データベース管理者を常駐させることは多くのリゾートやスパにとって、そもそも選択肢にはならない。データベースのメンテナンスにはコストもかかる。開発者の手でメンテナンスタスクを自動化できるかもしれないが、ルーティンのメンテナンスを自動化することは開発時間とコストの増加を招く。自動化できないメンテナンス作業をデータベースが必要とする場合、そのための追加の要員が必要となり、コストは継続的に発生する。InterBaseはメンテナンス不要のデータベースで、その点こそが、SpaSoft開発チームが組み込みデータベースとしてInterBaseを選択した主要な理由だった。InterBaseは、データベース管理者もその他のサポートも利用できない場合を想定して、特別に設計された機能を搭載している。InterBaseはセルフチューニング/セルフメンテナンスを実行するため、通常稼働中はデータベース管理者(または開発者やユーザー)がすべきことは何もない。「InterBaseのセルフメンテナンスと管理者不要という事実は、我々にとって大きなメリットでした。顧客からは、本当に使いやすいと感謝されています。」とSevova氏。

容易なインストールとセルフチューニング

InterBaseは、SpaSoftのインストーラの一部に組み込まれている。SpaSoftサポートチームはカナダ、英国、マレーシアの拠点から、遠隔で製品インストールの全工程を手掛ける。2009年には北・南米、ヨーロッパ、中近東およびアジアに70件を超えるインストールを実施したSpaSoft 実装チームが必要としたのは、軽量なメモリフットプリント、最小限のシステム要件とWeb経由での配置が容易なデータベースであった。InterBaseはこの要件を可能にし、数分以内にインストールを完了させる。

InterBaseの最小の必要メモリとディスク容量は、重要な要件であった。それは、エンドユーザーのシステム設定やハードウェアリソースにほとんど影響を及ぼさず、容易でわかりやすい導入を実現できるからだ。また、InterBaseは、ユニバーサル文字セットに加え、Unicode(UCS-2やUTF-8)を介する文字セット等の国際文字セットを幅広くサポートしているので、SpaSoftサポートチームは、InterBaseの実装により、様々な国や言語に対応できた。

実証済み、検証済みのデータセキュリティ

PA-DSSは、Payment Application Best Practices (PABP)と呼ばれていたプログラムで、Visa Inc.の監督下で、PCI SSC(Payment Card Industry Security Standards Council)管理を行ないます。PA-DSSは、ソフトウェアベンダーによる、全トラック磁気ストライプデータ、CVV2、PINデータといった禁止データを保存しない、安全な決済アプリケーションの開発を促進し、開発された決済アプリケーションが確実にPCI DSSに準拠することを目的とする。第三者に販売、配布またはライセンス供与される決済アプリケーションはPA-DSS要件を満たさなければならない。

PCI SSCの新ガイドラインを確実に遵守するために、PSMS社は、独立認定セキュリティ評価機関にSpaSoftの決済処理環境の徹底的審査を委託した。監査には機密情報の分類、アクセス、保存プロセスの集中的レビュー、ネットワーク、システムアーキテクチャおよびアプリケーションの分析、IT方針・手続およびドキュメンテーションの詳細な評価、社員への聴き取り調査が含まれていた。PA-DSS検証と最新のPA-DSS V1.2(Payment Application Data Security Standards Version 1.2)の遵守を実現することは、機密データの保護において顧客をサポートする上できわめて重要なステップであった。

SpaSoftアプリケーションがPA-DSS V1.2要件を遵守できた要因のひとつは、InterBaseのデータセキュリティ機能にあった。PA-DSS検証の実現には、パスフレーズや8文字以上のパスワードでユーザー認証をサポートすることが要求される。InterBaseは他にも多数のセキュリティ/暗号化機能を提供、データ保護を強化する。データ層に高精度の列レベル暗号化を設定、データベース全体もデータベース内の個別の列も暗号化できる。InterBaseはバックアップファイルの暗号化もサポートし、究極のセキュリティを保証する。

InterBase はAESとDES(128/192/256-bit AES暗号化と56-bit DES暗号化)の双方をサポートする。AESは世界中で採用されつつある最新の強い暗号化標準で、ソフトウェア、ハードウェアの両方において速く、比較的実装しやすい方式である。

InterBaseのOTW(Over-the-wire)暗号化はそれ以外のデータおよびサーバーとクライアント間の通信(コマンド等)を暗号化する。この点は、権限のない者やシステムが当該通信を閲覧するおそれがある場合に重要である。

結果

過去10年間にPSMS社のSpaSoftアプリケーションは、世界各地の数百のホテルやリゾート施設に業界の主導的スパ管理システムとして採用されている。そして過去10年間にInterBaseはこうして実装されたひとつひとつのシステムの一部として搭載されている。容易なインストール、低管理・配布コスト、自動障害復旧、セルフチューニングエンジンという特徴を備えたInterBaseのマルチジェネレーショナルアーキテクチャは、SpaSoftの成功を支える中枢的役割を果たしている。

「InterBaseのセルフメンテナンスと管理者不要という事実は、我々にとって大きなメリットでした。顧客からは、本当に使いやすい感謝されています。」

– Penka Sevova, Product Development Director, PAR Springer-Miller Systems