RAD Studio 10 SeattleによるWindows 10アプリケーション開発

新たにWindows 10に対応!Windows 10の新機能を活用したアプリケーションの構築が可能

Windows 10は、Windows登場以来最大規模のバージョンアップであると言われています。

Windows 10は、これまでのWindowsリリースの中でも最も注目されており、数年以内に10億デバイスに搭載されると予想されています。そして今こそが、この最新OSのサポートを開始する絶好機です。RAD Studio 10は、Windows 10を強力にサポートしており、迅速かつ容易にこれらの新機能を活用できます。新しいVCLユーザーインターフェイスコントロール、WinRTおよび UWP(Universal Windows Platform)コンポーネント/APIを搭載。Windows 10通知、コントラクトなどのサービスを容易に利用できます。

Windows 10が開発者に与えるインパクト、そしてRAD Studio 10 がいかにWindows 10サポートにおいて重要なリリースなのかを理解できるホワイトペーパー「Windows 10が開発者にもたらすビッグチャンス」をダウンロード提供中。ぜひご一読ください。


Windows 10向けのVCLアプリケーションをすばやく簡単に作成

Windowsアプリケーション開発に幅広く利用されているVCL(Visual Component Library)は、Delphi(Object Pascal)とC++で利用可能な強力なビジュアルコンポーネントフレームワークです。 VCLには、多様なビジュアルコントロール、非ビジュアルコンポーネント、ユーティリティクラスなどが用意されており、GUIアプリケーション、Web、データベースアクセス、コンソールアプリケーションなどを効率的に開発できます。

RAD Studio 10 Seattleには、さらにWindows 10の最新UI機能を利用可能にする新しいVCLコントロールが搭載されています。

New in RAD Studio 10!

TActivityIndicatorコントロール

TRelativePanelコントロール

TSearchBoxコントロール

TSplitViewコントロール

TToggleSwitchコントロール




VISUAL COMPONENT LIBRARY (VCL)
  • Enhanced in RAD Studio 10! コンポーネントのプロパティ/イベントを設定できるオブジェクトインスペクタの改善
  • New in RAD Studio 10! VCLアプリケーション向け高DPI / 4KモニタサポートとWindows 8.1/10マルチモニターサポート
  • New in RAD Studio 10! いくつかの新しいWindows 10 UI コントロールに対応する新しいカスタムVCL コントロール(旧バージョンのWindowsでも利用可能)
  • New in RAD Studio 10! 新しいTActivityIndicator VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! 新しいTSearchBox VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! 新しいTRelativePanel VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! 新しいTToggleSwitch VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! 新しいTSplitView VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! SelectDirectory関数で表示されるダイアログのモダン外観表示
  • New in RAD Studio 10! マイクロソフトのモダンなルック&フィールに合致したアプリケーションを構築できるWindows 10固有のVCLスタイル
  • New in RAD Studio 10! コモンダイアログとTWebBrowserコンポーネントのスタイルサポートを含むVCLスタイルの改善
  • Enhanced in 10 Seattle! TabletLight、Sky、Glowを含むVCLプレミアムスタイル

FireMonkeyフレームワークもWindows 10、Android、iOS、OS X向けにアップデートされました!

RAD Studioに搭載されたFireMonkeyフレームワークを用いれば、Windows 10、iOS、OS X、Android向けのネイティブアプリケーションを構築できます。

10 Seattleでは、FireMonkeyフレームワークにWindowsプラットフォーム向けの数々の機能強化が施されました。

  • New in RAD Studio 10! Windows向けネイティブスタイル表示(TEditおよびTMemo向けのWindowsプラットフォーム表示)
  • New in RAD Studio 10! FireMonkey コントロールのWindows向けZオーダーサポート
  • Enhanced in 10 Seattle! Windows 10向けのMultiViewの動作サポート
  • Enhanced in 10 Seattle! Windows 10向けのTSwitchの動作サポート
  • Enhanced in 10 Seattle! iOSおよびAndroidアプリケーション、さらにWindows 10でも通知機能を利用できるNotification Centerコンポーネント(通知音もサポート)
  • New in RAD Studio 10! ビットマップスタイルデザイナでのWindows 10スタイル向けスタイルビューワー
  • 他...

詳細はこちら >


新しいWindows 10 VCLスタイルにより、既存のVCLアプリケーションも将来に対応可能

カスタムWindows 10 VCLスタイルは、すぐに既存のVCLアプリケーションに適用することができます!

Windows 10では、新しいビジュアルスタイルを採用しており、アプリケーションの外観も大きく変わりました。新しいカスタムWindows 10 VCLスタイルにより、既存のVCLアプリケーションもすぐにWindows 10対応のUIにアップデートできます。

新しいVCLスタイルは、RAD Studio / Delphi / C++Builder XE8および10 Seattleによって構築されたVCLアプリケーションに適用できます。


新しいWindows 10 FMXスタイルにより、既存のFMXアプリケーションも将来に対応可能

RAD Studio XE8で、Windows 10アプリを今すぐ構築できる新しいFireMonkey Windows 10 のスタイルを公開しました。このWindows 10スタイルは、10 Seattleにも搭載されています。

Windows 10の普及が進む中、Windows 10対応のアプリケーションを構築を始めるよい機会です。StyleBookコンポーネントを使えば、既存のFireMonkeyアプリケーションや、新しく作成するFireMonkey Windowsアプリケーションに、Windows 10のスタイルを適用できます。