RAD Studio 10.3.2リリース!詳細は詳細はこちら

お得なキャンペーン情報はこちら

RX_Logo_76x76px

Windowsデスクトップブリッジのサポート

ストアを利用して広範なマーケットにアクセス

RAD StudioのWindows Desktop Bridge 配置サポートにより、マイクロソフトの Desktop Bridgeを使用して、新規または既存デのスクトップアプリケーションを、IDEから直接Windows 10 ストア対応パッケージとして配置できるようになります。数億といわれるWindows 10デバイス向けに、既存のVCLアプリケーションやFireMonkeyアプリケーションを展開できます。同一のコードを用いながらも、新規顧客の獲得が可能です。

開発、パッケージ、テスト、配置

Windowsデスクトップブリッジにより、Windowsストア向けのアプリケーションを開発、パッケージ、配置する方法をビデオで解説!

Overview of Windows 10 Desktop Bridge Integration : Video 1m46s

開発

Windows Desktop Bridge

RAD StudioのWindows Desktop Bridge 配置サポートを用いれば、IDE内から直接Windows 10ストア対応のWin32およびWin64アプリケーションパッケージを作成できます。Delphi / C++Builderで記述された膨大なアプリケーションコードを、容易に再コンパイル/パッケージ化できます。

Windows 10向けの開発をサポート

既存のコードを活用してモダンなWindows 10ユーザーインターフェイスデザインを採り入れるには、RAD Studioに搭載されたネイティブWinRT/UWPコンポーネントとAPI、Windows 10 VCL UXコントロールを用いるのが最速の手段です。

RAD Studioなら、既存のアプリケーション資産を迅速にWindows 10に適合させることができます。そのアプローチは、他のどのネイティブWindowsツールよりも高速です。

windows-10-styles

パッケージ

windows-10-styles

.appxファイル作成手順をIDEに統合

RAD StudioのIDEに統合されたパッケージ化サポート機能により、開発者は迅速かつ容易に、新規または既存のデスクトップアプリケーションをパッケージ化し、膨大なユーザーをターゲットとしたWindows 10ストア向けに提供できます。プロジェクトオプションによって、簡単にアイコン、プロビジョン認証、自動ビルド番号などを設定でき、アジャイル型の継続的インテグレーションに組み入れることが可能です。

アプリケーションのビルドには、以下の2種類のパッケージ作成オプションを選択できます。
• “Ad hoc” - ローカルテストおよび手動の配置
• “Store” - Windows 10ストアに配置可能なAppxパッケージ

パッケージ設定はプロジェクト内で管理され、SVN、Git、Mercurialといったバージョンコントロールに保管できます。

テストと配置

“ad hoc”オプションによるテスト

“ad hoc” ビルドを選択すると、新しくパッケージ化されたアプリケーションをWindows 10 Store用の開発環境とは別の場所でのテストが容易になります。以下のビデオでは、ローカルマシンの設定、証明書の作成とインストール、ローカルの.appxファイルのビルド/インストール/アンインストールの手順を説明しています。

Developer quick start - working with local .appx packages : Video 10m43s

ストアへの配置

設定、テストが完了したら、Windows 10ストアにアプリをアップロードします。

数十億人のユーザーへアクセス可能!

macOS、Android、iOS向けのストアサポートと同様に、Windowsストア向けサポートが追加されたことで、単一のクロスプラットフォーム アプリケーション コードベースから、数十億のユーザーに対して、迅速にアプリケーションを提供できるようになりました。

無料トライアル 製品の購入

関連情報

Windowsストアについての情報は、マイクロソフトの以下のページをご覧ください。

Windows Desktop Bridge
Applying for Store submission