RAD Studio 10 によるWindows開発

新たにWindows 10に対応!Windows 10の新機能を活用したアプリケーションの構築が可能

Windows 10は、Windows登場以来最大規模のバージョンアップであると言われています。

Windows 10は、これまでのWindowsリリースの中でも最も注目されており、数年以内に10億デバイスに搭載されると予想されています。そして今こそが、この最新OSのサポートを開始する絶好機です。RAD Studio 10は、Windows 10を強力にサポートしており、迅速かつ容易にこれらの新機能を活用できます。新しいVCLユーザーインターフェイスコントロール、WinRTおよび UWP(Universal Windows Platform)コンポーネント/APIを搭載。Windows 10通知、コントラクトなどのサービスを容易に利用できます。

Windows 10が開発者に与えるインパクト、そしてRAD Studio 10 がいかにWindows 10サポートにおいて重要なリリースなのかを理解できるホワイトペーパー「Windows 10が開発者にもたらすビッグチャンス」をダウンロード提供中。ぜひご一読ください。

Windows 10向けのVCLアプリケーションをすばやく簡単に作成

Windowsアプリケーション開発に幅広く利用されているVCL(Visual Component Library)は、Delphi(Object Pascal)とC++で利用可能な強力なビジュアルコンポーネントフレームワークです。 VCLには、多様なビジュアルコントロール、非ビジュアルコンポーネント、ユーティリティクラスなどが用意されており、GUIアプリケーション、Web、データベースアクセス、コンソールアプリケーションなどを効率的に開発できます。

RAD Studio 10 Seattleには、さらにWindows 10の最新UI機能を利用可能にする新しいVCLコントロールが搭載されています。

New in RAD Studio 10!

TActivityIndicatorコントロール

New in RAD Studio 10!

TRelativePanelコントロール

New in RAD Studio 10!

TSearchBoxコントロール

New in RAD Studio 10!

TSplitViewコントロール

New in RAD Studio 10!

TToggleSwitchコントロール


VISUAL COMPONENT LIBRARY (VCL)

  • Enhanced in RAD Studio 10! コンポーネントのプロパティ/イベントを設定できるオブジェクトインスペクタの改善
  • New in RAD Studio 10! VCLアプリケーション向け高DPI / 4KモニタサポートとWindows 8.1/10マルチモニターサポート
  • New in RAD Studio 10! いくつかの新しいWindows 10 UI コントロールに対応する新しいカスタムVCL コントロール(旧バージョンのWindowsでも利用可能)
  • New in RAD Studio 10! 新しいTActivityIndicator VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! 新しいTSearchBox VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! 新しいTRelativePanel VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! 新しいTToggleSwitch VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! 新しいTSplitView VCL コントロール
  • New in RAD Studio 10! SelectDirectory関数で表示されるダイアログのモダン外観表示
  • New in RAD Studio 10! マイクロソフトのモダンなルック&フィールに合致したアプリケーションを構築できるWindows 10固有のVCLスタイル
  • New in RAD Studio 10! コモンダイアログとTWebBrowserコンポーネントのスタイルサポートを含むVCLスタイルの改善
  • Enhanced in 10 Seattle! TabletLight、Sky、Glowを含むVCLプレミアムスタイル

FireMonkeyフレームワークもWindows 10、Android、iOS、OS X向けにアップデートされました!

RAD Studioに搭載されたFireMonkeyフレームワークを用いれば、Windows 10、iOS、OS X、Android向けのネイティブアプリケーションを構築できます。

10 Seattleでは、FireMonkeyフレームワークにWindowsプラットフォーム向けの数々の機能強化が施されました。

  • New in RAD Studio 10! Windows向けネイティブスタイル表示(TEditおよびTMemo向けのWindowsプラットフォーム表示)
  • New in RAD Studio 10! FireMonkey コントロールのWindows向けZオーダーサポート
  • Enhanced in 10 Seattle! Windows 10向けのMultiViewの動作サポート
  • Enhanced in 10 Seattle! Windows 10向けのTSwitchの動作サポート
  • Enhanced in 10 Seattle! iOSおよびAndroidアプリケーション、さらにWindows 10でも通知機能を利用できるNotification Centerコンポーネント(通知音もサポート)
  • New in RAD Studio 10! ビットマップスタイルデザイナでのWindows 10スタイル向けスタイルビューワー
  • 他...

詳細はこちら >

Windowsデスクトップ / タブレットアプリケーションを構築可能

RAD Studioでは、32-bitおよび64-bit Windowsアプリケーションの構築をサポートしています。アプリケーションは、Microsoft Surface Professional、HPのSlate Tablet、Asus、Acer、Samsung などのAMDプロセッサベースのタブレットなど、Windowsデスクトップとx86ベースのIntelおよび Intel Atomタブレットで実行できます。

Windows 7でもWindows 10やWindows 8の外観に設定可能!

RAD Studio 10 の開発環境と、Delphi/C++Builderによって作成されたアプリケーションの双方ともWindows 10での実行をサポートしています。プロジェクトテンプレートを用いれば、Windows 10やWindwos 8のモダンUIをアプリケーションに設定可能。Windows 7でも同じ外観を使用できます。

Check out the RAD Studio 10 Seattle What’s New page for a complete listing!

Windows 10の最新機能をサポート

Delphi開発者は、10 Seattleにより、すばやく既存のVCLアプリケーションやFireMonkeyアプリケーションをWindows 10に適合できます。ネイティブWinRTおよびUWPコンポーネント、API、Windows 10 VCLコントロール、FireMonkeyのWindows 10サポートなど強力なWindows 10サポート機能により、最新OSを活用した開発をすぐに始められます。

詳細はこちら >

IDEの大幅な性能改善を実現

IDEにおける、プロジェクト、ファイル、ビルド管理の扱いを大幅に改善し、利用可能 なメモリを劇的に増加させるべく再設計しました。これにより、 開発者は、より安定性があり、利用可能なプロジェクトサイズがより拡大した、ハイパフォーマンスな開発環境を利用可能になりました。旧バージョンで、IDEの性能に限界を感じている方は、ぜひ10 Seattleをご検討ください

詳細はこちら >>

品質、安定性、ドキュメントの改善

製品開発、テスト、ドキュメント作成のプロセスを大幅に改善。数多くの新機能や最新プラットフォームのサポートに加えて、大幅な品質改善、安定性の向上、ドキュメントの改善が行われました。

詳細はこちら >>

無料のトライアル版 で、ぜひ新機能をお試しください!