最新情報 - 第34回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ、東京(7月28日)、大阪(8月1日)に開催

C++Builder 製品エディション

C++Builderには、Starter、Professional、Enterprise、Architectの4つのエディションがあります。C++Builderは、Delphi、C++Builder、HTML5 Builder などのツールを搭載したRAD Studioの一部としても提供されています。

最適なエディションを選択してください

Starter Pro Enterprise Architect
32-bit Windowsアプリケーションの開発
64-bit Windowsアプリケーションの開発
32-bitおよび64-bitユニバーサルiOSアプリの開発 オプション
Marshmallowを含むAndroidアプリの開発 オプション
Mac OS Xアプリケーションの開発
iOSおよびAndroidアプリの開発 オプション
VCL / FireMonkeyコンポーネントのフルセット 制限あり
ライブラリのソースコード
ローカル/組み込みデータベースアプリ構築
C/Sデータベースアプリケーション構築 オプション*
RAD Server(EMS)開発ライセンス オプション*
DataSnap多層フレームワーク
SQLデータベースツール
データモデリングツール
商用ライセンス 制限あり フル開発 フル開発 フル開発
旧バージョンの利用

*1 FireDAC Client/Server Add-On Pack for C++Builder Professionalが必要です。

*2 EMSを利用したアプリケーションを配布するには、別途ライセンスを購入する必要があります。

エディションごとの機能詳細については、RAD Studio機能一覧をご覧ください。



C++Builder 10.2 Tokyo の動作環境

  • 2GBのメモリ
  • 9~60GBのディスク空き容量(エディションおよび設定に依存)
  • Intel® Pentium®またはその互換機1.6 GHz以上(2GHz以上を推奨)
  • 1024x768以上の高解像度が動作する DirectX 11対応のビデオカードモニタ
  • マウスなどのポインティングデバイス
  • Microsoft® Windows 10(32-bitおよび64-bit)
  • Microsoft® Windows 8 または8.1(32-bitおよび64-bit)
  • Microsoft® Windows 7 SP1(32-bitおよび64-bit)
  • RAD Studioは、Windows 7、8または10をホストするVMware Fusion やParallelsといったVM(仮想マシン)を用いることで、Mac OS X上で動作させることもできます。

See the C++Builder full Feature Matrix (PDF) for a more detailed comparison


C++Builder エディションの詳細

C++Builder Architect

C++Builder Architectは、Windows、Mac、iOS、Androidのマルチデバイス開発機能を利用できるほか、主要なRDBMSに対応したハイパフォーマンスデータアクセスをサポート。モバイルとバックエンドシステムを接続する中間サーバー機能の構築にも対応しています。さらにデータベースの設計、開発、チューニングツールも搭載。データベース開発を強力にバックアップします。

C++Builder Architect


C++Builder Enterprise

C++Builder Architectは、Windows、Mac、iOS、Androidのマルチデバイス開発機能を利用できるほか、主要なRDBMSに対応したハイパフォーマンスデータアクセスをサポート。モバイルとバックエンドシステムを接続する中間サーバー機能の構築にも対応しています。さらにデータベースの設計、開発、チューニングツールも搭載。データベース開発を強力にバックアップします。

C++Builder Enterprise


C++Builder Professional

C++Builder Professionalは、Windows / Macのクロス開発、ローカルデータベースアクセス機能を利用できるほか、別売のアドオン製品により、iOS / Android向けモバイル開発機能、FireDACによるエンタープライズデータベースアクセス機能を利用できます。

C++Builder Professional


Mobile Add-on Pack For C++Builder Professional

Mobile Add-On Pack for C++Builder Professionalは、C++Builder Professionalにモバイル開発機能を追加するアドオン製品です。コンポーネントのドラッグ&ドロップによるビジュアル開発の手法で、従来のWindows / Mac向けアプリケーション開発と同じように、iPhone / iPad / Android向けアプリを開発できるようになります。

Mobile Add-on Pack For C++Builder Professional


FireDAC Client/server Pack For C++Builder Professional

FireDAC Client/Server Add-On Pack for C++Builder Professionalは、C++Builder ProfessionalでFireDACを利用可能にするアドオン製品です。Oracle、SQL Server、InterBase、DB2、SQLite、MySQL、PostgreSQL、SQL Anywhere、Advantage DB、Firebird、Access、Informix、Teradata、MongoDBなど広範なデータベースアクセスが可能になります。

FireDAC Client/server Pack For C++Builder Professional


C++Builder Starter Edition

C++Builder 10 Starterは、Windows向けのハイパフォーマンスアプリケーション開発を始めるのに最適なツールです。強力なビジュアル開発機能を利用可能。個人または5人以下の企業/組織に限定され、商用利用時の関連年間収益1000 USドル以下という制約があるほか、データベースコンポーネントとドライバが含まれていません。

Delphi / C++Builder Starter Q&A

C++Builder Starter Edition


C++Builder Upgrade From Starter

C++Builder Starter edition users are eligible for a discount when upgrading to any other edition.

Upgrade Eligibility: 
Available to registered users of XE7-10.x versions of C++Builder Starter Edition.

C++Builder Upgrade From Starter


Embarcadero Developer Tools Media Kit

Embarcadero Developer Tools メディアキットは、エンバカデロの開発ツール製品を購入されたお客様向けのバックアップ用のDVDです。DVDには、RAD Studio、Delphi、C++Builderの最新バージョンが収録されています。メディアキットには、製品インストールに必要なシリアルナンバーは含まれていません。DVDを使用してインストールする場合でも、ダウンロード版(ESD)製品を購入した際に受領したシリアルナンバーを使用してください。

メディアキットのISOイメージは、製品ダウンロードページでダウンロードすることもできます。

Embarcadero Developer Tools Media Kit