C++Builder 10.4.2

ビジュアル開発のスピードとC++のパワーを両立!5x2倍の生産性を実現



C++のパワーを100%発揮できる強力なWindows開発環境


Windows向けのVCLフレームワークとクロスプラットフォームのレスポンシブUIを実現するFireMonkey(FMX)フレームワークを用いれば、直感的で洗練されたユーザーインターフェイスをWindowsおよびiOS向けに構築できます。



Alvaro Reyes 6avv9oehxfo Unsplash



モダンC++17

Clang拡張コンパイラを搭載。最新のC++言語機能を利用できるとともに、Dinkumware STL、Boost、SDL2などのライブラリを活用できます。

単一コードベース

主要なプラットフォーム向けのアプリをわずかなコードで!一度書けば、すべてのプラットフォーム向けにコンパイル可能

Windows 10アプリの構築

Windows 10対応のモダンなUXにアプリケーションをリフレッシュ!最新のレスポンシブコントロールやWindowsストアもサポート

IoT(Internet of Things)

ガジェット、デバイス、センサー、エンタープライズデータ、クラウドサービスなどに接続するアプリを容易に構築できます。

継続的インテグレーション

MSBuild、CMake、Ninjaプロジェクトのサポートにより、継続的インテグレーションを容易に実現可能

多様なデータにアクセス

共通データアクセスフレームワークFireDACにより、Oracle、SQL Server、MySQLなど20以上のデータベースに同じ方式でネイティブアクセス可能です。

iOSアプリ

C++Builderでは、Windowsに加えてiOS向けアプリケーションを迅速かつ容易に構築できます。

クラウドサポート

C++Builderには、すべてのプラットフォームで利用できるHTTP / RESTクライアントライブラリが搭載されています。RESTサービスを呼び出せるほか、専用コンポーネントにより、AWSやAzureの機能も利用できます。

迅速なアプリケーション開発

コンポーネントによる効率的なビジュアル開発とC++のパワーを両立。実績あるビジュアルデザイナにより5倍の開発生産性を実現します。

レスポンシブUI

プラットフォーム検知が可能なレスポンシブUIを構築することで、1回UIを設計すれば、簡単にWindowsとiOSの複数プラットフォームに展開することが可能です。

バージョンコントロールの統合

バージョン管理システムによるコードの変更トラッキングをサポート。Subversion、Git、Mercurialのリポジトリに対応しています。

IDEを拡張

RAD Studioでは、ライブラリやコンポーネント、プラグインを追加して機能強化が可能。独自のカスタムコンポーネントを作成したり、IDEに搭載された GetItパッケージマネージャにより、これらの追加機能をすばやく検索、ダウ ンロード、インストールできます。





創造力を刺激する!強力なビジュアルC++開発環境


C++Builderで洗練されたデスクトップ/モバイルアプリを開発

C++Builderは、C++言語により真のビジュアル開発を実現したツールです。Windows向け開発には実績あるVCLフレームワークを利用可能。ビジュアル開発の生産性とC++のパワー、ネイティブコードのパフォーマンスを発揮できます。FireMonkey(FMX)フレームワークを用いれば、単一コードベースでクロスプラットフォーム開発を実現できます。

  • 強力なVCLコンポーネントによりWindows向けネイティブアプリケーションを設計
  • ビジュアルデザイナを用いてビジュアル/非ビジュアルコンポーネントをドラッグ&ドロップ
  • サードパーティコンポーネントやカスタムコンポーネントを使用してビジュアルUIを拡張可能
  • FireMonkeyにより単一コードベースでクロスプラットフォームアプリケーションを構築
  • LiveBindingデザイナを用いれば、UI要素をビジュアルにデータソースへ接続可能
  • ライブ・オン・デバイスプレビュー機能により、リアルタイムに設計状態を検証可能。複数デバイスにも容易に展開
  • デスクトップ、タブレット、スマートフォン向けにマルチ解像度対応のコンポーネントによるレスポンシブデザインを実現
  • ユーザーエクスペリエンスを向上させるプラットフォーム固有のネイティブコントロールを搭載


Design Beautiful Desktop and Mobile App UIs with C++Builder

C++Builderでコーディング作業も効率化

C++開発をサポートする強力なIDEで、モダンなオブジェクト指向プログラミングの言語機能とライブラリを活用した開発を実現。よりよいコードをより早く作成できます。

  • 各プラットフォーム向けに最適化されたコンパイラにより迅速なコンパイル作業をサポート
  • Code Insight™ により、ライブラリや自身で記述したコードに基づいた自動コード補完機能を提供。正確かつ迅速なコーディングをサポート
  • InterBase、SQLite、MySQL、SQL Server、Oracle、PostgreSQL、DB2、SQL Anywhere、Advantage DB、Firebird、Access、Informix、MongoDBなど、多様なデータソースに高速なネイティブアクセスが可能
  • コーディング時にインラインドキュメントからヒントを表示
  • Boost、Eigen、ZeroMQなどの人気のライブラリを活用できるほか、幅広いコミュニティツールやライブラリを利用可能
  • Git、Subversion、Mercurialなどのバージョン管理システムを統合可能

Modern Developer Centric IDE

高速かつ正確なデバッグ作業を実現

バグを特定。C++BuilderのIDEを用いれば、Windows、iOS環境で実行されるアプリケーションをリモートデバッグできます。

  • 単一の開発環境にデザイナ、コンパイラ、デバッガを統合した効率的なツールチェインを提供
  • 条件付きブレークポイントを追加すれば、特定の条件や場所でプログラムの実行を停止可能
  • 呼び出し履歴を調べれば、現在の場所に至るまでのコードの実行経路をバックトレースして確認可能
  • デバッグ中プログラムの実行を停止し、その時点での変数の値をチェック
  • 任意のデバイスでバッグ可能!iOS、Android、macOSの任意のデバイスにアプリを配置。デバイス上で実行されるアプリをリモートデバッグできます。ブレークポイント、呼び出し履歴、ツールチップ式評価などを利用し、プラットフォームを超えてデバッグ作業が可能
Conditional Breakpoints

C++Builderならハイパフォーマンスネイティブアプリをコンパイル/配置

任意のデバイス向けにアプリケーションを作成可能。C++Builderを用いれば、デスクトップとモバイルの双方に適合するアプリケーションを単一コードから作成し、Windows、iOS向けに配置できます。



  • アプリストアへの配置もサポート。Windows Store(Desktop Bridgeを使用)向けアプリケーションを構築し、配置可能
  • プラットフォームごとに配置ファイルを定義しビルド設定を行えます。開発者は、各プロジェクトに対し、ターゲットプラットフォーム(Windows、iOS)とビルド設定(デバッグまたはリリース)を指定可能
  • C++BuilderのIDEから直接ファイルを配置可能。PA Server(Platform Assistant Server)を用いて、必要なファイルをすばやくリモートマシンに配置できます。PA Serverは、必要なファイルを組み合わせ、単一のアプリケーションインスタンスとしてパッケージング
Adhoc to AppStore

C++Builderでコード品質も向上

開発サイクルを短縮しても、品質を犠牲にすることはありません!C++Builderには、ベストプラクティスを活用したコーディング、単純作業を削減し、快適にコーディングできる支援機能が搭載されています。



  • テスト済の高度に最適化されたWindows / iOS向けライブラリの活用によりコーディング量を削減
  • コード上のドキュメントをすばやくインラインヘルプに展開可能
  • DUnitおよびDUnitXフレームワークを搭載。すべてのコードをテストできるユニットテストを構築可能
  • CodeSiteのライブログ機能によりアプリケーションを中断することなく、アプリケーション内部の動きを確認可能
Code Quality

C++Builder はコラボレーション環境も提供

C++Builderのコラボ―レーション機能とバージョン管理機能を用いれば、個人でもチームでの開発でも、よりよいコードをより迅速に作成できます。コードコラボレーションにより、コードの理解が深まり、よりよいテスト、よりよいソフトウェアの実現が可能になります。

  • バージョン管理システムによるコードの変更トラッキングをサポート。Subversion、Git、Mercurialのリポジトリに対応
  • 履歴タブを用いれば、差分ビューワーを用いて変更箇所や履歴を簡単にナビゲート可能
  • MSBuild、CMake、Ninjaプロジェクトのサポートにより、継続的インテグレーションを容易に実現可能
  • ビルトインREST/JSON/BSONサポートにより、クラウドベースのRESTful Webサービスに容易にアクセス
  • C++Builderに搭載されたAmazon API / Azure APIにより、アプリケーションサービス、データベースサービス、ストレージサービスを含むAmazonおよびAzureサービスに接続可能
Deep Source Code Repository Integration

C++BuilderのIDEを拡張

C++Builderには、ユーザーインターフェイスの構築からデータベース接続まで、多岐にわたる数百のコンポーネントが搭載されています。これにより、デスクトップおよびモバイルプラットフォーム向けビジネスアプリケーションを迅速かつ容易に構築可能。さらに、製品に搭載されたVCL / FireMonkeyコンポーネントだけでなく、Delphi / C++Builderコミュニティでは、さまざまなツールやコンポーネントを入手することができます。

  • GetItパッケージマネージャを用いれば、新しいコンポーネントをダウンロード/統合してすばやく開発環境の機能強化が可能
  • Boost、Eigen、ZeroMQ、SDL2、SOCI、libSIMDpp、Nematodeなどの人気のライブラリを利用可能
  • C++Builderでも、Delphiの広範なサードパーティコンポーネントやコントロールを簡単に利用することが可能
  • テクノロジーパートナーが提供するツール/コンポーネントによりIDEを拡張可能
  • Beyond Compare、FastReport、TeeChart、InterBase、IP*Works、CodeSight!などのサードパーティツール、追加製品を利用可能
  • サードパーティ製プラグインやアドオンによりIDEを拡張可能
GetIt Package Manager

機能一覧のダウンロード




C++Builder 10.4.2 リリース!新機能を確認しよう



世界各国の300万人以上の開発者が支持

マルチプラットフォーム対応のネイティブアプリケーションを構築するための最速の手段

Delphi / C++Builder / RAD StudioのIDEは、世界各国の300万人以上の開発者と企業の開発チームで、ハイパフォーマンスでレスポンシブなネイティブアプリケーションを、Windows、Android、iOS、macOS、Linux向けに構築するツールとして活用されています。

開発やメンテナンスが容易な単一コードベースから、マルチプラットフォーム対応のネイティブコードをすばやくコンパイル。強力なコード補完機能、最新のマルチコアCPU技術を活かした並列処理により、比類ない生産性を実現します。

RAD Studio 10.4.2

エンバカデロブログ新着記事

Blog01

2021年05月13日

Stack Overflow APIをWindowsやモバイルアプリで活用しよう!

詳細はこちら
Blog02

2021年05月13日

Delphiによって作成されたマウス設定ユーティリティ「WinMouse」

詳細はこちら
Blog03

2021年05月11日

無料のオーディオプレーヤーアプリケーションがDelphiの多様性を証明

詳細はこちら
Blog04

2021年05月10日

デベロッパーストーリー:Luis Hernandezs氏が「VisualNet Web」を語る

詳細はこちら
Blog05

2021年05月07日

Konopka Signature VCL Controls バージョン 7のリリース

詳細はこちら
Blog06

2021年05月07日

Visual Studio向けの新しいInterBase ADO.NETドライバをリリース

詳細はこちら
Blog07

2021年05月04日

Delphi 10.4.2 RTL Patchのリリース

詳細はこちら
Blog08

2021年05月01日

RAD Studio 10.4.2のPatchのリリース: General PatchおよびDelphi Compiler Patch

詳細はこちら
Blog09

2021年04月30日

座学のC++からモダンなC++へステップアップするための15個のヒント (パート1)

詳細はこちら
Blog10

2021年04月30日

座学のC++からモダンなC++へステップアップするための15のヒント (パート2)

詳細はこちら