RAD Studio 10.3.2リリース!詳細は詳細はこちら

お得なキャンペーン情報はこちら

RAD Studio 主な機能

先進のアプリケーション開発を実現!マルチデバイス対応のビジュアル開発スイート

製品導入に関する相談はこちら

C++

C++Builder: クロスプラットフォームC++開発を強力にサポート

C ++ Builderでは、Windows、iOS、Android、macOS向けの開発をサポートしており、このターゲットにまもなくLinuxが加わります。異なるプラットフォーム向けにビルドするには、同じフレームワークと同じコードを使って、再コンパイルするだけ。C++コードはすべてのプラットフォーム向けにネイティブコンパイルされ、バイトコードやインタプリタレイヤーを用いることなく、CPUで直接実行されます。

C++Builderには、言語拡張が施されています。ビジュアル開発を実現するためのプロパティ/メソッド/イベントモデル、オブジェクトメソッドポインタ、参照カウントなどです。これらについては、不要な場合には使用する必要はありませんが、コードを単純化し生産性を高めるには大変有効です。

単一のコンパイラ、デバッガ、IDEを使って、4つのプラットフォーム向けにネイティブ開発を実践しましょう。

C++Builder: クロスプラットフォームC++開発を強力にサポート