RAD Studio 10.3.3リリース!詳細はこちら

2月4日、Delphi25周年イベント開催!詳細はこちら

お得なキャンペーン情報はこちら

InterBase 2020リリース!詳細はこちら

RAD Studio 10.3.3 Rioの新機能

先進のアプリケーション開発を実現!マルチデバイス対応のビジュアル開発スイート

RAD Studio 10.3の新機能

RAD Studio 10.3は、Windows、macOS、iOS、Androidに加え、Linux(Delphiのみ)向けハイパフォーマンスネイティブアプリケーションの効率的な開発をサポートします。RAD Studio 10.3には、Windows向けのC++17サポート、Win64の数値計算パフォーマンス向上を含むC++言語の大幅な機能強化、コード補完の改善、デバッグ用のビルド最適化、新しいライブラリなど、C++開発者向けの大幅な機能強化が含まれています。また、Delphiには、インライン変数宣言、型推論など、新しい言語機能が加わっています。DelphiとC++双方の開発者向けには、VCLのHigh DPIディスプレイサポートの強化、Per Monitor V2サポート、新しいWindows 10およびWinRT APIのサポート、最新のプラットフォームサポートなどが提供されます。

RAD Studio 10.3 Enterpriseには、RAD ServerシングルサイトライセンスとInterBase ToGo配布ライセンス、CData Enterprise Connectorsライセンスも含まれています。さらに、RAD Studio 10.3 Architectには、新たにCData Enterprise Connectorsライセンス、Sencha Ext JS Professional、Aqua Data Studio、RAD Serverマルチサイトライセンスも含まれます。これらの機能は、企業システム向けにWebへのシステム拡張とアプリケーションバックエンドの構築、データベースの開発、管理、最適化をサポートするものです。

10.3 Release 3提供開始

RAD Studio / Delphi / C++Builder 10.3.3がリリースされました。10.3 Rio Release 3(10.3.3)には、DelphiならびにC++のマルチデバイス開発機能/Windows開発機能全般にわたる機能強化が加えられています。10.3.3は、有効なアップデートサブスクリプションに加入しているユーザーはダウンロードできます。

10.3.3の詳細はこちら

Calypso


マルチデバイス アプリケーション



  • 同じAndroidフォーム上にAndroidネイティブコントロールとFMXスタイルコントロールを混在可能に。Android 5.0以上でマテリアルデザインテーマも利用可能
  • Unicode絵文字のサポート
  • 数多くのビルトインユーザーインターフェイステーマを選択可能。GetItパッケージマネージャから追加のスタイルもダウンロード可能
  • 10.3.3の新機能:ダークテーマサポートを含むiOS 13のサポート
  • 10.3.3の新機能:Delphi向けmacOS Catalina 64-bitのサポート
  • 10.3.3の新機能:Delphi向けAndroid 64-bitに対応。Delphi 10.3.3によるGoogle Playストア対応Android 64-bitアプリの構築サポートにより、Androidユーザーの大規模なカスタマーベースに提供可能に
  • 10.3.3の新機能:Delphi Android 64-bit向けのInterBaseサポート(IBLite および IBToGo)
  • 10.3.2の新機能:Delphi向けmacOS 64-bitアプリケーションのサポート
  • 10.3.2の新機能:C++BuilderでWindows 64-bit向けC++17のサポート
  • 10.3.2の新機能:Android向けFirebaseプッシュ通知のサポート

新機能の詳細は、dockwkiの10.3.3の新機能情報をご覧ください。

Create Amazing Cross-Platform Applications

好みのコーディングスタイルに適合

コーディングスタイルに合わせてIDEをカスタマイズ

  • ダークIDEテーマ:夜間作業向けにデザインされた新しいテーマを搭載。ツールバーメニューを用いれば、ダークテーマとライトテーマを簡単に切り替えられます。
  • 開発環境のカスタマイズ:単一プラットフォーム開発かマルチプラットフォーム開発なのか、必要なオプションと不要なオプションの識別が容易になりました。
  • クリーンなアップデートされたIDEのUI:必要なオプションをすばやく見つけられるようになりました。
  • 10.3 Update 1に追加されたIDE生産性ツール:ブックマークとナビゲーター。開発者が必要な情報をすばやく見つけることを可能にするエディタミニマップを含みます。
  • 10.3.2 の新機能:C++ LSP コード補完の改善:
    • フル機能のコード補完サポート
    • 新しいClang拡張コンパイラ向けサポート:パラメータ補完、ツールチップインサイトとGo To定義(Ctrl+クリック)。これにより、非同期/非ブロッキング動作による大幅な改善に加え、C++向けのすべてのコード編集支援機能を利用可能に

新機能の詳細は、dockwkiの10.3.3の新機能情報をご覧ください。

Code Your Way

Windowsアプリケーション

VCL(Visual Component Library)を用いれば、Windowsアプリケーションを容易なビジュアル操作で構築できます。10.3では、アプリケーションをモダンで最新に保つためのいくつかのアップデートが提供されています。

  • HighDPIサポートの改善:マルチ解像度、すべてのコントロールのピクセル完全画像、また同様に、マルチ解像度モニタのためのスケーリングされた画像を必要とするカスタム描画などを、完全にサポートすることができます。
  • Per Monitor V2サポート:すべてのWindowsのスケールに合わせて正しくサイズ変更することができ、異なる画面間でのDPIスケールの変更に対応することができます。
  • Windows 10およびWinRT APIサポートの拡張:主要なWinRT APIや最近のWindows 10 APIが含まれており、Windows 10ストアでのアプリ内購入やトライアルなどにも対応しています。
  • 10.3.2 の新機能:VCLの大幅な機能改善:
    • ComboBox、MainMenu、PopupMenu、TreeView、StatusBar、PageControl、Button、DateTimePickerなどの数多くのコンポーネントにおけるアップデート
    • High DPIおよびスケーリングサポートの強化
    • フォーム、フレーム、描画、スタイルなどの基本動作の改善
  • 10個の新しいVCLスタイル(10.3 Update 1)

新機能の詳細は、dockwkiの10.3.3の新機能情報をご覧ください。

Stunning Windows Applications with VCL

RAD Server

RAD Serverは、サービスベースのアプリケーションを迅速に構築/配置できるアプリケーション基盤を提供します。

  • 10.3.3の新機能:DockerおよびDocker HubによるRAD Server配置環境インストールのサポート
  • 10.3.2の新機能:RAD Serverに関する数多くの機能改善/機能強化を実施:
    • RAD Serverウィザードの改善(FireDAC向け自動データベースマッピングとAPIドキュメンテーション)
    • RAD ServerでのAndroid Firebaseプッシュ通知サポート
    • 設定エディタとRESTデバッガの統合を含むRAD Server管理コンソールの改善
    • Swagger APIドキュメンテーションの改善(カスタムAPIの自動ドキュメント化)とSwagger-UIのサポート
    • スタートアップエラーメッセージの改善とより豊富なエラーログ取得、配置プロセスの簡素化
    • LinuxおよびWindowsサーバー向けの配置インストーラ(GetItから入手可能)

新機能の詳細は、dockwkiの10.3.3の新機能情報をご覧ください。

C++向けの新機能

  • 新しいSTL/Dinkumware 2018バージョンをWin32とWin64の双方に提供
  • C++のコード補完を改善。新しいコード補完は非同期で行われ、以前のC++コード補完よりも、より高速に、またよい結果を出すようになっています。補完処理中に入力が停止してしまうことがなくなります。
  • デバッグモードでのビルド最適化をサポート
  • Win64向け数学計算がおよそ2倍に高速化
  • New in 10.3.3: GetItに追加のC++ライブラリを掲載
  • 10.3.2 の新機能:Windows 64-bit向けC++17サポート:
    C++Builder / RAD Studio 10.3.2では、Windows 64-bit向けにC++17サポートを追加した更新されたClang拡張コンパイラを搭載しました。先進的なコンパイラアップデートの一環として、より強力かつ簡潔なコードを記述できる最新のC++言語機能を用い、よりハイパフォーマンスなコードを生成するコンパイラの最適化、より多くのサードパーティC++ライブラリを利用して、より強力なアプリケーションを構築可能に
  • 10.3.2 の新機能:C++ LSP コード補完の改善:
    • フル機能のコード補完サポート
    • 新しいClang拡張コンパイラ向けサポート:パラメータ補完、ツールチップインサイトとGo To定義(Ctrl+クリック)。これにより、非同期/非ブロッキング動作による大幅な改善に加え、C++向けのすべてのコード編集支援機能を利用可能に

新機能の詳細は、dockwkiの10.3.3の新機能情報をご覧ください。

C++向けの新機能

データアクセス

  • 10.3.3の新機能:EnterpriseおよびArchitect版にEnterprise Connectorsを搭載。CDataの技術によって提供されるEnterprise Connectorsを用いれば、データベースへの接続と同じく簡単に任意のエンタープライズアプリケーションに接続できます。EnterpriseまたはArchitect版の購入(およびアップデートサブスクリプション加入者を含む)により、70を超えるデータソースへのアクセスが可能になります(税別150,000円相当)。
  • 10.3.3の新機能:InterBase 2020/ IBToGo 2020を搭載。Professional版には、InterBase 2020 Developerライセンスが含まれています。EnterpriseおよびArchitect版には、さらにInterBase ToGoのモバイル向け配置ライセンスが含まれます。InterBase ToGoには、暗号化サポート、変更ビュー等に加え、データベースファイルサイズの制限なし、などの特長があります。
  • データベースサポートの強化、アップデート:MySQL v8.0、MariaDB 10.3、SQL Server 2017、PostgreSQL v10、Firebird v3.0、MongoDB、InterBase、SQLite 3.23.1、SQL Anywhereなど主要なデータベースをサポート
  • RESTの改善:追加のREST関連メソッド、型、プロパティのサポート
  • 10.3.1の新機能:FireDACで新たにFirebird 3.0.4とFirebird embeddedをサポート

新機能の詳細は、dockwkiの10.3.3の新機能情報をご覧ください。

C++向けの新機能