エンバカデロ製品の購入はEMBARCADERO DIRECT

RAD Studio 11.1リリース!詳細はこちら

Getting Started with Python GUI Ebook ダウンロード

DelphiVCL / DelphiFMX for Python公開!詳細はこちら

Python、C++、VC。新ツール登場!詳細はこちら

製品利用の情報はサポートナレッジベース

Delphi / C++Builder Community Edition 10.4.2

New Amazon Web Services SDK Available: 詳細はこちら

C++Builder 11.1

ビジュアル開発のスピードとC++のパワーを両立!
5x2倍の生産性を実現

クラウド

クロスプラットフォームネイティブデバッガにより、作成したアプリをすばやく配置しバグを取り除くことができます。RAD StudioのIDEからは、Windows、macOS、iOS、Android向けにアプリケーションをリモート実行/デバッグできます。

クラウドベースのRESTful Webサービスにアクセス

RAD Studioには、サポートするすべてのプラットフォームで利用できるRESTクライアントライブラリが用意されています。これにより、任意のサードパーティプロバイダによるRESTサービスの呼び出しが簡素化されます。ライブラリには、認証サポートやJSON応答処理の機能が用意されているほか、データセットやLiveBindingマッピングなどの機能も利用できます。3つのコアコンポーネントの活用により、多様なWebサービスやBaaS(Backend as a Service)プロバイダに容易にアクセスできます。

RESTクライアントライブラリに関するビデオ >

クラウドベースのRESTful Webサービスにアクセス
AmazonおよびAzureサービス

AmazonおよびAzureサービス

RAD Studioに搭載されたAmazon APIAzure APIを使用して、アプリケーションサービス、データベースサービス、ストレージサービスなどのAmazonおよびAzureサービスに接続できます。クラウドサービスは、使いやすいタイプとクラスに定義されており、認証のスピードアップ、テーブル、ストレージ、キュー、バケットなどの主要サービスを使用が容易になります。

BaaSプロバイダに接続

Kinvey、Parse、App42といった主要なBaaS(Backend as a Service)プロバイダへの接続をサポート。コンポーネントにより、通知、ユーザー管理、ストレージなどの機能を利用できます。独自にバックエンドサービスを構築したりメンテナンスしたりすることなく、容易にクラウド上の共通サービスにアクセスできます。

BaaSプロバイダに接続
独自のMEAPバックエンドを構築可能

独自のMEAPバックエンドを構築可能

RAD Serverは、昨今の相互接続可能な分散アプリケーションを構築するためのミドルウェアソリューションです。すぐに使えるミドルウェアサーバーで、カスタムAPIやデータアクセスモジュールをホストできます。RAD Serverでは、iOSおよびAndroid向けのプッシュ通知のサポート、認証、リアルタイムのアクセス追跡機能などを利用できます。
RAD Serverの詳細はこちら >

The World’s Leading Companies Rely on Software Built With Embarcadero Products