RAD Studio 10.3.2リリース!詳細はこちら

お得なキャンペーン情報はこちら

C++Builder 主な機能

先進のアプリケーション開発を実現!マルチデバイス対応のビジュアル開発スイート

製品導入に関する相談はこちら

配置

クロスプラットフォームネイティブデバッガにより、作成したアプリをすばやく配置しバグを取り除くことができます。RAD StudioのIDEからは、Windows、macOS、iOS、Android向けにアプリケーションをリモート実行/デバッグできます。

アプリストアへの配置

RAD Studioは、Windows 10デスクトップブリッジを用いたWindowsストアアプリの構築、macOS、iOS、Androidの各ストアへの配置をサポートしています。

主要なモバイルストア向けのコード署名やプロビジョニングのサポートに加え、アイコンやイメージの設定サポートにより、共通のコードベースから、すばやく複数のストア向けのアプリを構築できます。

アプリストアへの配置
プラットフォームとビルド設定ごとに配置するファイルの指定が可能

プラットフォームとビルド設定ごとに配置するファイルの指定が可能

開発者は、ターゲットプラットフォーム(Windows、macOS、Android、iOS、Linux)とビルド設定(デバッグまたはリリース)に基づいて、各プロジェクト内に配置するファイルを指定できます。

共通ライブラリの追加は、チェックボックスをクリックするだけ。プロジェクト固有の画像、サウンド、ビデオをはじめ、各種埋め込み可能なリソースの追加も、ファイル指定してインストール先を定義するだけです。

RAD StudioのIDEから直接ファイルを配置可能

PA Server(Platform Assistant Server)が、IDEからリモートマシンへの迅速なファイル配置をサポートします。PA Serverは、配置用に定義されたファイルを結合し、単一のアプリケーションインスタンスにパッケージ化します。ビルドが完了すると、選択したリモートマシンにアプリケーションを配置。すばやく実行/デバッグできます。

RAD StudioのIDEから直接ファイルを配置可能