RAD Studio 10.3.2リリース!詳細はこちら

お得なキャンペーン情報はこちら

Renew your Update Subscription license now 詳細はこちら

InterBase 主な機能

マルチデバイス対応のハイパフォーマンスSQLデータベース

製品導入に関する相談はこちら

高いスケーラビリティと商用グレードのデータセキュリティ、障害回復、変更同期機能を備えた、SQL準拠のクロスプラットフォームデータベースエンジンInterBaseの機能詳細を見るには、各カテゴリーをクリックしてください。

SQL標準 / Unicodeのサポート

InterBaseは、SQL準拠のデータベースです。SQL92に準拠したほか、追加された機能も業界標準に準拠しています。Unicodeサポートにより、InterBaseはさまざまな文字セットに対応しており、世界各国で活用されています。

InterBaseは、複数のJOINを含む広範なSQL言語機能を提供します。

トランザクションとマルチジェネレーショナルアーキテクチャ

InterBaseで変更を行う場合、まず、トランザクションをスタートします。トランザクションは、データのライブビューあるいはスナップショットビューを利用できる、いくつかのオプションを使って接続できます。これは、InterBaseに搭載されたマルチジェネレーショナルアーキテクチャが実現するものです。

マルチジェネレーショナルアーキテクチャは、特にレポーティングに威力を発揮します。一貫したデータベースのスナップショットに接続できるため、同一条件下での比較が可能です。同じく重要な点は、マルチジェネレーショナルアーキテクチャでは、リーダー側が、ライターによる変更を妨げないことです。これにより、データベースのスケーラビリティを高め、オンラインバックアップや変更ビューといった他の主要機能の実行も可能になります。

イベントアラータ

共有のデータベースにおける変更をクライアントサイドでどのように検知するかは、開発者が常に対応しなければならない課題です。IntereBaseのイベント機能を用いれば、データが変更されたことを、接続しているクライアントにリアルタイムで通知できます。通知イベントは、変更トランザクションがコミットされると直ちに送信されます。これにより、CPUに集中するデータベースのポーリングが節約され、データベースのスケーラビリティが向上します。さらに、変更ビュー機能を用いれば、イベントによりサーバーから変更差分のみを取得し、最短でデータ変更をフェッチでき、ネットワークトラフィックと関連するデータ転送のコストを削減できます。

InterBaseの「変更ビュー」

変更ビューは、開発者がデータベース内の変更の有無を確認できる特許出願中の機能です。変更ビューの操作は簡単です。後続のトランザクションで同じSQLステートメントを実行すると、変更差分のみが返されます。これによって、フェッチとデータ変更の確認が非常に簡単になります。

変更ビューは、InterBaseのマルチジェネレーショナルアーキテクチャと連携して、常時、適切なブリーフケースデータを反映させるため、同じデータを繰り返しフェッチする必要がなくなり、アプリケーションのパフォーマンス強化、ネットワークトラフィックとコスト低減を実現します。

Read the Change Views white paper

管理されたフィールド定義/ドメイン

InterBaseドメインでは、特定のフィールド型(例:VarChar(20) / Integer等)を定義、そのフィールド属性を定義することができます(例:null値を指定できるか、あるいは指定可能な値の範囲を定義する等)。InterBaseドメインを用いれば、データベース内で横断的に同一のフィールド型を管理できます。これにより、同一のフィールド型をどこでも簡単に追加でき、一度定義したフィールド型を、データベース全体にわたって容易にアップデートすることができます。

ストアドプロシージャ

InterBaseのストアドプロシージャを用いれば、サーバーサイド関数をデータベースエンジンに組み込む形でコンパイルでき、更新も容易な、クライアントから呼び出し可能なビジネスロジックを構築できます。例えば、出荷、注文、新規顧客の登録など、無限の可能性があります。またストアドプロシージャに対してSELECT文を実行し、データのカスタムレイアウトを返すこともできます、さらに、ストアドプロシージャ内にSQL文を記述し、データの投入、フェッチなどに対して、処理を実行することもできます。

トリガー

トリガーは、次のようなさまざまな用途に用いることができる強力な機能です。

  • 相関更新を実行(例:変更のログファイルをデータベースやテーブルに保管)
  • データ制限を実行し、有効なデータのみテーブルに入力されるよう強制
  • データの自動変換(例:入力したテキストを自動的に大文字に変換する)
  • イベントアラータを用いてデータベース内の変更の適用を通知
  • 参照整合性の更新のカスケーディングを実行

ジェネレータ

ジェネレータを用いれば、一般的にInterBase内の主キーに用いられるシリアルナンバーをフェッチすることができます。ジェネレータは、複数のデータベーストランザクション間で機能するため、同一キーを重複してアサインすることはありません。これにより、InterBaseではデータベースにおける主キーの生成を、データベース側に任せることができます。

カスタム例外

InterBaseでは、投入されるデータを管理するためのデータベースロジックを構築できます。データが更新される前に呼び出されるストアド プロシージャとトリガーを併用することで、無効なデータが投入されたときにサーバーからカスタム例外を発行することができます。

マルチプラットフォームサポート

InterBaseは、Windows、Linux、macOS、Android、iOSでの実行をサポートしています。ひとつのプラットフォーム向けに開発したデータベースは、容易に他のプラットフォームに展開できます。また、サポートプラットフォームのいずれに対しても接続性をサポートしており、プラットフォームの混在も可能です。データベースファイルは、プラットフォーム間での可搬性もサポートしており、多様な環境下においても、データベースの構築、展開、運用のライフサイクル全体にわたる劇的な効率化を実現します。

クライアントとサーバー双方のデータストレージとして機能

InterBaseは、単一ユーザー向けのアプリケーション組み込みデータベースから、数百人が同時に接続するようなデータベースサーバーまで、幅広い用途に対応します。InterBaseは、サーバー、クライアントの双方で動作するオンラインおよびオフラインのアプリケーションにデータベース機能を提供する商用グレードのデータストレージを提供します。

InterBaseには、サーバー環境にインストールするServer Edition、Developer Edition、Trial Editionと、インストレーション不要のアプリケーション組み込み型のToGo Edition、IBLiteがあります。

InterBase ToGoおよびIBLiteを用いれば、InterBase Serverをインストールすることなく、iOS、Androidを含む複数プラットフォーム向けにスタンドアロンデータベース機能を組み込むことができます。ローカルストレージとしてこれらのInterBaseエンジンを用いれば、ネットワークトラフィックを軽減でき、通信コストの削減、アプリケーションパフォーマンスの向上が実現できます。また、変更ビューは、オフラインのデータが最小限の労力で最新に維持されていることを保証するインフラを提供します。

サイレント インストール

InterBase Serverには、サーバーモジュールとクライアントドライバーをサイレントインストールできる実行する組み込み型インストーラーが用意されています。InterBase ToGo(またはIBLite)を用いれば、クライアントドライバをインストールすることなく、ローカルデータストレージ機能を追加できます。

共通のファイル形式を使用

InterBaseでは、すべてのプラットフォームで使用される単一のファイル形式を用いています。これにより、任意のプラットフォームで開発したデータベースを、広範なプラットフォームに配布できます。要件定義から構築、配布までのプロダクトライフサイクルを通じて、統一のファイル形式を用いることで、モバイルデータベースであっても、開発機すばやくモバイルデバイスに配置、テストできます。さらに、単一のクロスプラットフォーム暗号化モデルの使用により、複数プラットフォームを組み合わせたアプリケーション構築における複雑な設定といった問題を解消することができます。

クロスプラットフォームで暗号化をサポート

データの閲覧状況をどの程度重視していますか?データセキュリティは、サーバーおよびデバイスのオン、オフを問わず、重要です。InterBaseでは、以下の2つの要素において、脆弱なDESと強力なAES 256bit暗号化の両方をサポートしています。

1) ネットワークトラフィックのover-the-wire暗号化
2) データベース保管データ暗号化

InterBaseの暗号化は、単一ファイル形式によるクロスプラットフォームサポートの一部としてデータベースエンジンに組み込まれているので、データが存在するあらゆる場所において、データの保護を実現します。

データ可視性は、列レベルの精度で、データベースへのスペシャリスト・ログイン(SYSDSO)によって定義されます。これにより、(データセキュリティ責任者によって許可されない限り)開発者でさえも暗号化を迂回して重要なデータの閲覧や検索ができないことを保証します。データ層に高精度の列レベル暗号化を設定することにより、(アプリケーションではなく)データ層がデータ可視性を管理するので、要件変更や製品リファクタリングに伴うデータ漏えいのリスクを劇的に軽減します。

暗号化コンフィギュレーションにロールベース認証を連係させることで、InterBaseは、バックアップ毎に特定の暗号化キーをサポートします。特定のバックアップキーはデータへのアクセスを提供しない代わりに、暗号化されたバックアップの作成と、スケジューリングを通じてのコマンドラインバックアップ要求に対応します。

スピード

InterBaseを用いれば、強力なSMPの能力を活かした高速なネイティブデータベースによって、アプリケーションを強化できます。InterBaseは、ユニークなバージョニングアプローチと先進的なディスクI/Oキャッシングにより、今日のマルチコアCPUとマルチCPUシステムを活用し、データの検索、更新速度を劇的に向上させます。

軽量なフットプリント

InterBaseのメモリ占有率はわずか数メガバイトにすぎません。必要とするディスク容量もメモリ要件もごくわずか。ラップトップからタブレット、スマートフォンに至るまで、商用レベルの組み込みデータベースエンジンを必要とするデバイスにとって理想的なデータベースです。アプリケーションの規模に応じて、サーバー機能を最大限活用可能。エンタープライズグレードのジャーナリング機能等により、直ちにディスクへ書き出したデータを保護しつつ、驚異的なスピードでオンメモリ動作するように設定可能です。

インストールも配置も簡単

InterBase Serverのインストーラは、アプリケーション用の独自のインストーラに組み込み、その一部としてサイレントインストールないしは手動でのインストールが可能です。空のデータベースを設定するだけに3日間の研修が必要となる他のデータベースとは異なり、インストール作業はわずか数分で完了します。

InterBase ToGoなら、インストール作業は一切不要。アプリケーションとともにInterBaseライブラリを配布するだけで、クライアントドライバーとローカルデータベースストレージを利用でき、アプリケーションでは、変更ビューやユーザーセキュリティといったフル機能にアクセスできます。

実績ある変更追跡機能

劇的に移動データ量を軽減、データコスト、ネットワークトラフィック、サーバーCPUとディスクI/Oを低減する、特許出願中の変更ビューは、驚異的なスピードとスケーラビリティの向上を実現します。ログテーブル、トリガー、特別なデータベースユーザーまたはタイムスタンプフィールドが不要な変更ビューは、他のデータベースと異なり軽量かつ高速に動作します。変更ビューは、InterBaseのコア機能に組み込まれており、Server Editionと組み込みバージョンのInterBaseの双方で利用できます。

Read the Change Views white paper

暗号化のサポート

InterBaseは、開発者が自ら暗号化コードを作成、テストする手間を省き、開発プロセスのスピードアップと、確実なセキュリティ対応を可能にします。InterBaseの暗号化機能は、データベース層にシームレスに直接、統合されており、誰がどのデータを閲覧しているかといった心配はデータベースに任せ、開発者はアプリケーションコードとビジネスロジックの記述に集中できます。

また、InterBaseの暗号化は完全なオンディスク暗号化を維持しながらも、データベースのスピードとパフォーマンスに影響を与えることはほとんどありません。

インメモリで高速化、変更を保護

ジャーナリングは、直ちに書き出したディスクへの変更を保護し、完全なインメモリデータベースシステムを実現します。ジャーナリングは、SQLの一行によってデータベース上で有効化できるため、有効化のためにアプリケーション上の変更は不要です。ジャーナリングは、ログ先行書き込み(WAL)とも呼ばれます。世界各地の医療システムの多くがスピードとデータ保護を強化するためにInterBaseジャーナリングを採用しています。

継続的に稼働

InterBaseは安定して動作し続けます。たとえ、ハードウェアが1秒あたり1万件以上のトランザクションを処理続ける過酷な稼働条件下でも、最新のInterBase Serverのバックアップと復旧が必要になるのは150年以上先のことです(従来のバージョンやFirebirdの場合、1ヶ月ももちません)。InterBase Serverは管理タスクが不要で、例えば、火星探査車ローバーでも継続して稼働しています(実際、データベース管理者を派遣するには遠すぎます)。

すばやいクラッシュからの復旧

InterBaseは、最初にACID準拠のデータベースとして市販された製品の一つで、製品のコアから構築されているため、万一サーバーがクラッシュしても、直ちにバックアップを取り、速やかに復旧させることができます。実際、障害に強いInterBaseは、世界各地で、システムリブート後の復旧時間が決定的な意味をもつ戦車やヘリコプター、医療機器に搭載されています。有名な話ですが、Oracleと比較して「信じられない! InterBaseさえあれば、戦車にデータベース管理者を常駐させる必要はない」といった感想が寄せられました。

InterBaseは、通常、障害復旧対応セクションが担うような、差分バックアップ、ジャーナル、ポイント・イン・タイム・リカバリ、データベース・シャドーイングを含む、多様なフェイルオーバー機能も提供します。

Over-the-wire暗号化

データセキュリティはホットな話題です。サイバーアタックによるデータ損失は顧客の逸失(通常、顧客基盤の平均4%)と企業信用のダメージにつながるおそれがあります。規制措置や科料処分を受ける可能性さえあります。InterBaseは、クライアントサーバー間データ(over-the-wireネットワークトラフィック)および保管データの暗号化(DES暗号化と256-bit AES暗号化の双方)をサポートしています。

InterBaseの暗号化は、単一ファイル形式によるクロスプラットフォームサポートの一部としてデータベースエンジンに組み込まれているので、開発ライフサイクルを通じて、データが存在するあらゆる場所においてデータの保護を実現します。

データ暗号化は、区分されたセキュリティログインによって制御され、データ管理責任者のベストプラクティスをサポートします。

Free White Paper: ホワイトペーパー:エンタープライズデータのモバイル化(PDF) >

区分されたセキュリティログイン

データセキュリティでよく起こる間違いは、データベースの暗号化だけで十分と考えることです。それ以上に、「誰が」「何を」閲覧できるかを制御することが重要なのです。これは、データセキュリティ責任者(DSO: Data Security Officer)の法的責任ですが、InterBaseの特別なログイン、SYSDSOを使えば、これを区別し、管理することが可能になります。

InterBase内でデータを閲覧、挿入、更新、削除、検索する機能は、SYSDSOの使用により定義されます。SYSDSOは、「誰が」データを閲覧、検索、更新できるかを列レベルで制御するため、開発ライフサイクルを通じて、「誰が」「何を」「いつ」閲覧できるかを管理することが可能です。開発者でさえ、(DSOからアクセスを許可されない限り)暗号化を迂回して、機密データを閲覧/検索することはできません。

データ層に高精度の列レベル暗号化を設定することにより、(アプリケーションではなく)データ層がデータ可視性を管理するので、要件変更や製品リファクタリングに伴うデータ漏えいのリスクを劇的に軽減します。

ロールベース認証による「ユーザーセキュリティ」

データを保管するほとんどのアプリケーションは、データへのアクセスレベルが異なる様々なユーザーによって利用されます。InterBaseを用いれば、ユーザーのセキュリティをアプリケーションに構築、管理、検証するための時間を費やす必要がなくなります。職務(例えば、経理、アカウントマネージャー、営業、人事等)に対応するユーザー・セキュリティ・ロールの定義に基づいて、ユーザーに複数のロールを割り当てることができ、システム全体にわたりデータへのアクセスの追加または削除が容易になります。

「ユーザーセキュリティ」は、データだけでなく変更ビューへのアクセスもカバーするため、誰がデータ変更を追跡できるかも容易に管理できます。

稼働したままでバックアップ

InterBaseを使えば、データベースのバックアップは簡単です。InterBaseのマルチ・バージョニング・アーキテクチャにより、バックアップは即座にスタート。その間でも、ユーザーはデータベースに接続し、変更を加えることができます。InterBaseなら、ユーザーをログアウトさせることなく、24時間365日稼働したまま、ビジネスのライフラインであるデータのバックアップを可能にします。

データベースのバックアップは、コマンドライン、管理ツール、バックアップAPIを用いたコード、ODBCドライバーGUIを介して実行できます。Delphi、C++、RAD Studio開発者向けには、IBXとFireDACコンポーネントがBackup / Restore / Mend APIのハンディラッピングを提供。アプリケーション内のデータベース管理を容易に統合することができます。

識別データダンプ

識別データダンプ(またはインクリメンタル ダンプ)は、障害回復計画の一部として、データベースのコピーを作成する迅速な方法です。データダンプは、(アクティブなデータベースフォーマットに復旧させる必要のある)従来のバックアップとは異なり、データベースの読み取り専用コピーを生成します。したがって、データベースを読み取り/書き込みに切り替えるだけでよいため、復元完了を待つよりもはるかに迅速で、障害回復オプションとしてよく採用されています。レポートを要求するプロセッサの負荷を分散するために、2次的データベースサーバー上でデータベースのコピーを実行したい場合にも、これは最適なオプションです。

識別データダンプを初めて実行したときに、データベースの読み取り専用コピーが生成され、次回以降は、同コピーが元のデータベースから変更されたページのみを反映して更新されていきます。識別データダンプは、変更ビューのサブスクリプションを維持するために必要なトランザクションIDを保持するので、「変更ビュー」を用いたバックアップ方法として推奨されます。

復元処理をマルチスレッド化

InterBaseは、バックアップの復元を高速化するために、並列処理技術を採用しています。インデックスは、再構築する必要があるため、データベースの復元作業で最も時間を消耗する部分です。InterBaseでは、データベースとインデックスの復元を可能な限り迅速に処理するために、複数のプロセッサ上で複数のスレッドを用いて復元しています。

ジャーナリング

世界各地の医療システムの多くがInterBaseジャーナリングを採用しています。ジャーナリングは、直ちに書き出したディスクへの変更を保護し、完全なインメモリデータベースシステムを実現します。ジャーナリングは、SQLの一行によってデータベース上で有効化できるため、有効化のためにアプリケーション上の変更は不要です。ジャーナリングは、ログ先行書き込み(WAL)とも呼ばれます。

ポイント・イン・タイム・リカバリ

ジャーナリングに続く次のステップは、ジャーナル・アーカイブで、それによりデータのポイント・イン・タイム・リカバリが可能となります。たとえ誰かが「あやまって」オーダーテーブルを削除する、あるいはスタッフ全員に無承認の50%昇給を適用するようなスクリプトを実行しても、ジャーナル・アーカイブを使えば、アーカイブがカバーする時間内であれば何秒前でも、データベースを障害発生前の状態に戻すことができます。ジャーナル・アーカイブは、「オフ・デバイス」にも設定可能で、バックアップの実行前であっても障害から迅速に復旧できる機能で、ハードウェア障害発生によるバックアップの消失後にデータが変更されるリスクを軽減します。

ログ不要のレプリケーション

IoTアワードを受賞し特許出願中の「変更ビュー」は、従来の変更追跡方法の課題を克服することで、開発者がエンドユーザーに提供できる変更データ関連の機能の強化を実現しました。これにより、開発作業のスピードアップも可能になります。「変更ビュー」の究極の利点は、わずかな開発コストで、未接続のリモートデータキャッシュを迅速かつオーバーヘッドなく更新できることです。これにより、開発チームは、時間とコストの節約が可能になります。

従来の変更追跡技術は、ログテーブルやタイムスタンプフィールドにフォーカスしたものでした。ログテーブルの管理しにくさは有名で、対象が数多い場合には十分拡張することができません。また、データベースパフォーマンスにも影響を与え、サイズも肥大化していきます。タイムスタンプは、複数のユーザーが単一データベースで作業しているときに厄介な問題が生じます。IoTアワードを受賞したInterBaseの「変更ビュー」なら、タイムフィールド、ログテーブル、追加のデータベースユーザーやトリガーが不要になり、昨今のモバイルを含む膨大な対象に対応し、驚異的スピードと高いスケーラビリティで動作可能です。

Read the Change Views white paper

変更ビューのサブスクリプション

変更ビューは、サブスクリプションというコンセプトに基づいて動作します。サブスクリションは、多数の表または特定のデータ列を包含できるように設計されています。InterBaseのユーザーセキュリティ機能により、ユーザーまたは特定のロールに対し、各サブスクリプションへのアクセスが認証されます。

特定のデバイスがサブスクライブされれば、そのサブスクリプションについて、フィールドレベルでの変更追跡が行われるようになります。この単純なモデルにより、ログテーブルや追加のフィールドを用いることなく、データ変更を安全に管理し、容易に拡張可能にするのです。これにより、開発 - リファクタリング - ビルド - テストという一連のプロセスにおいて、変更の追跡という悩み事がひとつなくなり、開発プロセスが簡素化されます。

最も安全性の高い「変更追跡」機能

変更ビューの強力な特長のひとつが、ユーザーセキュリティとサブスクライバ機能により、サブスクライバのみが変更された箇所を閲覧できることです。

この点がなぜ重要なのでしょうか? 例えば、今、医療システムを開発中のあなたの手元には、暗号化された患者記録のHIVデータがあるとします。変更ビューによって、あなたは、そのフィールドへの変更を追跡できる人を管理することができます。他の人がスキャンすれば変更された可能性のある記録を特定できるようなログテーブルは用いません。この特徴がきわめて有効で確実な変更追跡機能を構成し、機密情報の漏えいを招きかねない、特権乱用による変更を防御することができるのです。

変更ビューは、何が変更されたのかを容易に特定できるだけでなく、こうした変更を追跡できるユーザーやロールを管理し、それ以外の人がデータ変更に関して推測することさえ防止します。

差分を容易にフェッチ可能

移動データの量の劇的な削減に加え、データコスト、ネットワークトラフィック、サーバーCPU負荷、そしてディスクI/Oの低減といった相乗効果により、変更ビューは、高速に動作し、アプリケーションのスケーラビリティ向上に貢献します。変更差分はフィールドレベルで提供されるため、開発者はエンドユーザーへの詳細解析結果をフィードバックできる一方、データ移動コストの削減も可能です。

InterBaseでは、変更ビューのデータに対するSQLクエリーが可能で、開発者は同期前に変更された全データを容易に特定できるので、膨大なデータを閲覧して、後日法外なデータ料金を請求されるといった事態を防ぐことができます。さらに、開発者は、迅速に変更をフェッチし、リモートデータキャッシュを常に更新できるので、オフライン機能を強化し、驚異的なスピードで動作するアプリケーションを実現できます。

Read the Change Views white paper

InterBaseの機能一覧をダウンロード